2015年の母の日のプレゼント本当は何が欲しい?楽天で調査!

5月ってお祝いが多いですよね♪テンションがいくぶん上ります^^

5月の第2週の日曜日は「母の日」ですねっ☆

日頃の感謝の気持ちをなんらかの形で伝えようと考えている方も多いのではないでしょうか?
(毎年思うけど今年こそ!)

今回は、母の日に役立つ情報を紹介します!

2015年の母の日

54+6

2015年の母の日は、5月10日ですね。

第2週の日曜日といっても、毎年日にちが違いますから、今年は何日だろう?と、

この時期になると調べる方も多いのではないでしょうか?

日本でははじめ3月6日を母の日としましたが、

1949年頃からアメリカに倣って、現在の5月の第2週に行われるようになったそうです。

世界中で、起源も日付も様々あるようです。

うっかり忘れないように、前もって調べて準備したいものですね!

母の日の定番のプレゼントはやはりあの花?

854+6

母の日の定番のプレゼントといえばカーネーションですよね。

お花をもらうと嬉しいものですが、毎年の事なのでいつも同じだとマンネリ化してしまう心配も、、、

今年は少し工夫をしていつもと違った母の日を!と考えている人はこんなアイデアはいかがでしょうか?

・お花にメッセージをつける

 お花だけを贈るよりも、メッセージを付けることでより気持ちが伝わりますね。

・アルバムを作る

 この一年間の思い出の写真のアルバム作れば、
一緒に写真をみて振り返ることで楽しい時間を過ごせます。その時間が嬉しいプレゼントですね!

・父の日とペアの物を贈る

 1か月後の父の日と、ペアになるような物を贈るのも面白いですね!
1ヶ月後に、ペアだったことがわかれば、素敵なサプライズになります☆

・映画や美術館のチケットを贈る

 一緒に観に行ければ、素敵な思い出になりますね。

少し工夫をするだけで、いつもと一味違った母の日を過ごせそうですね!

楽天意識調査 ~母の日にもらいたいもの~

Sponsored Link

楽天では、「お母さんが本当にもらいたいもの」の意識調査を行っています。

全年代共通のランキングで、定番の花とお菓子・スイーツ類が1位、2位で半数以上を占めています。

定番の物でもプレゼントをもらうという事、その気持ち自体が嬉しいという親心ではないでしょうか。

また、花・スイーツ以外にほしいものの調査では、年代別に次のような結果になっています。

30代~40代  1位:手紙やメッセージカード
50代~60代  1位:一緒に外食

アンケート結果はこちら
http://event.rakuten.co.jp/mother/guide/?scid=s_kwa_2015sptn_mt_ds&lsid=md384271

まだ子どもの小さい子育てまっただ中の30代40代のお母さんは、

子どもからのメッセージがうれしいという結果ですね。

手紙やカードのメッセージに子どもの成長を感じ、喜びにつながりますよね。

ありがとうという言葉だけでも日頃の大変さが吹っ飛ぶものです。

子育ての一段落した50代60代のお母さんは、

一緒に過ごす時間が嬉しいという結果です。

たまにはゆっくり一緒に出かけて感謝の気持ちを伝えてみましょう!

まとめ

いかがでしたか?

毎年やってくる母の日で、プレゼント選びに苦労されている方もいるかもしれませ^^;

プレゼントに工夫を凝らすことも素敵だけど、

「ありがとう」

の気持ちを伝えることがやはり一番大切なことですね。
(恥ずかしいけど^^)

プレゼントを贈ることができない人も、

気持ちを伝えるだけで十分喜んでもらえるのではないでしょうかねっ^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です