2015年七五三のお参りの時期はいつ?ずらすのもアリ?

子供にとっても親御さんにとっても人生の大きな行事!、

それは七五三です☆

今年も七五三の時期が近づいてきました。

Sponsored Link

そこで今回は、2015年の七五三の時期はいつなのか、

お参りの時期をずらすことのメリットについて紹介します♪

2015年七五三のお参りの時期はいつ?ずらすのもアリ?

456

七五三とは?

七五三は江戸時代の武家社会を中心に広まりました。

今まで無事に成長したこと感謝したり、

幼児から少年や少女期になる節目になります。


発育する上で病気にもなりやすいです。

なのでこれから成長を願うと言う意味で行います。

発育する上で病気にもなりやすいです。

それぞれ意味があり、

3歳は男女とも髪を伸ばし始める「髪置」、

5歳は男の子が袴を着る「袴着」、

7歳は女の子が着物帯を装い始める「帯解」と言われています

そして七五三でもらえるのが千歳飴です。

千歳飴は子供の健やかな成長と長寿の願いを込めて縁起がいいとされます。

そして袋には「寿」の文字や「松竹梅」、「鶴」「亀」などの縁起の良いものが描かれています。

2015年の七五三の時期

a0960_003793

2015年の七五三の時期はいつなのでしょうか。

お参りに行く時期は11月15日です。

北海道など雪が降る地域では10月15日に行われるそうです。

この時期は混雑するので時期をずらしてお参りに行く人もいます。

中には七五三のお参りと写真撮影を別の日にする人や当日にまとめて行う人もいます。

時期が近くなってきたら9月でも行ってくれるので前倒しにする人もいますよ♪

早い時期に行うメリットは、混雑しないことや寒い季節ではないことがあげられます。

お参りは午前中から夕方までのところがほとんどです。

午前中が混雑しないといわれています。

時期によって千歳飴がないこともあるので事前に電話してみましょう。(とても大事☆)

お参りをする年齢

Sponsored Link

昔は数え年で行うのが一般的でしたが、七五三を行う年齢も人それぞれです。

数え年にするか満年齢にするかは、現在はどちらでもいいとされています。

数え年の場合は、2歳、4歳、6歳で七五三を行います。

数え歳で行うメリットは、3歳前で幼い感じが出てかわいらしいです。

6歳の時は、就学前なのでそのときにお祝いをしてしまうという人もいるそうです。

小学校に入学してからだとなかなか時間が取れないと考えている人も多くいます。

一方、満年齢で行う人もいます。

メリットはおとなしく座っていてくれることや袴や着物を着たときに丈がちょうどよくなることです。

子供はじっとしていられないので大きくなるにつれてじっとしていることができるようになります。

特に小さい子供はぐずってしまいますよね。3歳くらいになればおとなしくできると思います。

まとめ

七五三の時期や年齢は人によって異なります。

1日中袴や着物を着ているのは大変ですよね。

前撮りのキャンペーンもやっていて、着物をレンタルできますし、

写真撮影で着た着物を当日着付けしてくれる写真屋さんもあります。

これも時期によって変わってきます。

2015年はどのくらいの子供たちがお参りしてもらうのでしょうか?^^

七五三のときは、子供たちの成長をお祝いし、これからの将来や健康を祈りましょう。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です