七五三の袴の着付けや髪型を簡単にできる方法はコレ【動画】

七五三で着る袴を買ったり、

レンタルして前撮りをする人がいますよねっ

前撮りと当日のお宮参りの時期が異なると着付けや髪型のセットは

自分で行わなければなりません。

Sponsored Link

そこで今回は、簡単に袴の着付けや髪型のセット方法、

『七五三の袴の着付けや髪型を簡単にできる方法はコレ【動画】』

そしておすすめ動画もご紹介します☆

七五三の袴の着付けや髪型を簡単にできる方法はコレ【動画】

008125

七五三の袴の簡単な着付けの方法

袴を買ったり、レンタルして当日自分で着付けを使用と考えている方に

簡単に着付けができる方法を紹介します。

袴を見るときに必要なものは、

☆着物
☆羽織り
☆長襦袢
☆袴
☆角帯
☆腰紐2本
☆末広
☆羽織紐
☆お守り
☆懐剣
☆白足袋
☆草履

まず、長襦袢を着せて、腰紐をしめます。

このとき衿元はぴったり合わせて裾は短めにします。

次に着物を着せて襦袢の衿をさし、着物の衿を合わせて胸紐を下めに結びます。

そして帯を締めるときに袴の丈を合わせます。

裾の線がくるぶしが見えるくらいのところで帯を締めましょう。

胸紐と同じく、角帯もおへその上で結び、

背中の中心から左に帯を40センチほどとり、手先にします。

手先はよけて残りの帯を2巻きします。

手先を上にして帯をひと結びして残りのたれた帯を端からたたみ、
15センチほどの長さにすのこだたみします。

すのこだたみしたものを背中の中心において
縦半分におった手先をすのこだたみしたものの中心にかぶせます。

手先を中心に1巻きして残ったものは帯の間に差し込みます。

そして水平に形を整えましょう。

最後に袴をはきます。

袴は胴を当てるへらがない方を前にして片足ずつ入れては着ましょう。

袴の前紐は後ろにまわして帯結びの上で交差し前にまわして脇で折り返します。

後ろで蝶結びしましょう。

袴の後ろ残し板についているへらを帯と背中の間に差し込んでください。

そして、袴の後ろ紐を前にもってきて前紐の下をくぐらせて交差します。

交差したものを上げ、下になった紐を前紐に通し、紐幅の3倍の長さにし、
中へ織り込みましょう。

前紐の上に水平にして真ん中を2、3回巻きます。最後に折り込んで十文字に整えたら完成です。

詳しくは動画で紹介されているので参考にしてみてください。

七五三 3歳・5歳男の子

↑ 七五三 3歳女子着物の着付け動画

↑七五三 7歳女の子着物の着付け動画

袴に合う簡単髪型セット

Sponsored Link

女の子は髪をアップにして髪飾りをつけたり、

ウィッグをつけるなどアレンジがたくさんありますが、

男の子の髪型はどうすればいいのでしょうか?

せっかく袴を着るのですからきりっとした髪型にしたいですよね☆

男の子のヘアアレンジはヘアワックスを使います。

このとき動いてしまうことが多いので本やゲームなどを渡しておくといいかもしれません^^

参考に動画をご覧くださいっ↓

女の子は日本髪にしたり、アップスタイルにする人がいますよね!

どの髪型も可愛いです♡

自分で簡単にできる方法も動画で紹介されているので参考にしましょう^^

着付けやヘアセットは自分で行う?写真館で行う?

写真撮影とお宮参りを同じ日に行う人もいます。

写真のプランに当日の着付けやヘアメイクをセットにしたものがあります。

買った着物の持ち込みができるので着付けをお願いしたい人には嬉しいですよね。

自分で行う人は着付けの仕方やヘアメイクをマスターする必要があります。

最後に

自分で着付けやヘアメイクをするのは大変そうですが、

簡単な方法が紹介されています。

袴や着物をレンタルしない人や写真撮影とお宮参りの日にちを別にする人は

自分で着付けができた方がいいかもしれません。

こどもが主役なので可愛く、かっこ良くしてあげましょう。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です