子供の鼻づまりの解消法や対策はコレ!眠れない夜から解放!

子どもはよく鼻づまりになることがありますよね。

鼻をグジュグジュさせる子どもを見て昼寝や夜、

眠れなくてかわいそうと思うでしょう、、、

Sponsored Link

鼻をかみすぎて真っ赤になってしまうこともありますよね。

大人だって鼻づまりになったら眠れないですし、

口で呼吸するので次は喉が痛くなって悪化させてしまうのです。

今回は『子供の鼻づまりの解消法や対策はコレ!眠れない夜から解放!

ということで、子供の鼻づまりを解消する方法を紹介します☆

子供の鼻ずまりの解消法や対策はコレ!眠れない夜から解放!

967

寝るときに鼻づまりを解消する方法

鼻づまりになると夜眠れないことが多いですよね。。

少しでも楽になるように上体を高くして寝ると鼻づまりを防ぐことができます!

タオルケットを4分の1にたたみ、3分の2くらい丸めます。

丸めたものを布団の下に挟みます。

そうすると少し斜めになります。

首と頭だけが曲がってしまうと鼻づまりがひどくなるので上半身全体が斜めになるようにします。

寝るときは、詰まっている鼻を上にして横向きで寝ましょう。

いろいろなにおいで鼻づまりを解消

鼻づまりを解消するためにはスースーしたものが効果的ですよね。

そこでにおいを嗅ぐだけで解消されるものは何なのでしょうか。

1つ目は、タマネギです。

タマネギを切っていると目が痛くなり、涙が出てしまいますよね。

タマネギの成分である「硫化アリル」は喉の殺菌二も効果的ですし、鼻づまりを楽にしてくれます。

タマネギを使う方法は、薄くスライスして鼻と喉の粘膜にあてるようににおいを嗅ぎます。

このときに目にしみないように目を閉じましょう。

赤ちゃんや幼児がにおいを嫌がる場合は、眠ってから枕元に置いておきましょう。

2つ目は、ユーカリアロマオイルです。

タマネギのにおいが苦手な人は、ユーカリアロマオイルをつかうことをお勧めします。

寝る前にオイルを枕やパジャマに少しつけます。

または、瓶のふたを開けてにおいを嗅ぎます。

スーっとするのでその隙に寝るといいですよ。

夜中に寝苦しくて起きた場合もにおいを嗅げばすっきりします。

ヴィックスヴェポラップを使用する人もいますよね。

【大正製薬】ヴィックスヴェポラップ 80g

 

これは生後6ヶ月以降から使用できます

CMでは胸や背中に塗っていますが、

寝る直前に塗ると子どもがぐずってしまい効果が現れません。

なので寝る30分前くらいに塗りましょう。

また、胸や背中に塗って効果がない場合は、鼻の下に薄く塗ってあげましょう。

塗りすぎるとヒリヒリするので少しずつ塗ってください。

ツボ押しやテープなどで鼻づまりを解消

Sponsored Link

小鼻の脇にあるツボ「迎香」を押します。

子どもが寝る前にマッサージしてあげると寝てしまうこともあります。

マッサージの方法は、迎香を中指の腹で押します。

次に鼻の横に中指の第2関節を置き、上下に優しくマッサージします。

他には、鼻腔拡張テープを使った方法があります。

子どもが鼻づまりしたときにブリーズライトを使っている人がいますよね。

【今だけ試供品プレゼント中】ブリーズライト スタンダード 肌色 レギュラー(30枚入)【ブリーズライト】[ブリーズライト 30枚 レギュラー]

 

連日貼ると鼻が赤くなってしまうのでテープの真ん中に

ティッシュをはさんで貼ると鼻が赤くなる心配はありません。

鼻を温めてあげるという方法もあります。

寝る前に温めた蒸しタオルで子どもの鼻を温めてあげましょう。

まとめ

子どもの鼻づまりのピークは5から6歳と言われています。

ひどいときは、中耳炎になってしまうかもしれません。

鼻づまりによって夜眠れないという悩みも解消方法を行えば少し楽になるはずです。

子どもが辛そうにしていたらすぐにこれらの方法を行ってみましょう。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です