離婚の理由を子供に伝えるときに絶対失敗しない3つのこと

ひと昔前は『離婚』というと、かなりネガティブな響きだったのに対して、

『バツイチ』という言葉が一般化されるようになって、

どこかそんなに重い印象が無くなったような気がします。

新しいスタートとして、気持ちを切り替えるタイミングにもいいと言う方もいらっしゃいます。

一方、まったく違う気持ちの方もいらっしゃると思います。

Sponsored Link

お子さんがいるご家庭だと、お子さんに離婚の事をどう伝えるか非常に悩まれる方が数多くいます。

年齢にもよりますが、とても重く受け止める繊細なお子さんもいますので、

お子さんの心を傷つけたくないですよね。

今回は、『離婚の理由を子供に伝えるときに絶対失敗しない3つのこと』について、

ご紹介したいと思います。

離婚の理由を子供に伝えるときに絶対失敗しない3つのこと

196485

一節によると、パパとママが不仲だなんて全く気づかなかったお子さんと、

不仲だと気づいているお子さんとに『離婚』という事実が目の前にきた時に、

全く知らなかったお子さんのほうが、その事実を受け入れるのが難しいそうです。。

頑なに親の不仲を見せないようにして過ごすということにも少し疑問がでてきてしまいますね。。

絶対失敗しない3つのこと

① 必ず、パパとママがそろった状態で伝えることが大事。

ふたりから伝えてもらうことで子供は子供なりに受け止めようとするようです。

どちらか一人だと、もう一人の気持ちがわからないのでなかなか納得してもらえないようです。

② パパとママが離婚しても一生親子だということを伝える。

   二人がお子さん事をこの先もずっと愛していることを伝える。

自分のせいでパパとママは仲が悪くなったと思うお子さんも少なからずいます。

とにかく、決して『あなた(お子さん)のせいではない』

自分たちは『あなたが大好き、一生親子だし一生愛し続ける』

ということを伝えて安心させてあげましょう。

私たち日本人はなかなか愛情表現をするのは上手ではありませんが、

この時だけは心からしっかりハッキリ!伝えてあげましょう。

③ 離婚原因の詳細は伝えない。

Sponsored Link

どんな理由でも、お子さんには正直にすべて伝えるのは負担が重すぎます。

相手を悪く言うのは絶対やめましょう。

パパとママは他人でも、お子さんにはパパとママ二人の血が通っています。

自分が否定された気持ちになります。

傷つきます。

まとめ

年齢的に伝え方は少しずつ変えたほうがいいと思いますが、

何よりお互い相手の悪口だけは絶対気をつけましょう。

お子さんにとって、ご両親の『離婚』は人生で大きいものだと思います。

お子さんの心のコトを考えて、上手に伝える努力をしたほうが

親子の未来のためになりますね。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です