子供の歯ぎしりの原因はストレス?予防方法や効果的な治し方

子供が歯ぎしりをしていることはありませんか?

歯ぎしりすることで歯が削られてしまうのではないかと

心配になりますよね。

原因はストレスなのか、どうなのか?

Sponsored Link

今回は、『子供の歯ぎしりの原因はストレス?予防方法や効果的な治し方』として、

歯ぎしりの効果的な治し方や予防方法を紹介します。

子供の歯ぎしりの原因はストレス?予防方法や効果的な治し方

099283

歯ぎしりの原因は?

歯ぎしりは、歯が生え始める乳児にもあるのです。

下の歯が生え始めて上の歯が生え始める頃から歯ぎしりをする子がいます。

赤ちゃんの歯が生えてきたときに吸うことから噛むことに変わるので

安定してかむことができる位置を探す意味で歯ぎしりをするそうです。

2歳ごろは乳臼歯が生える時期で、

生えてくるときに違和感を感じたり、

かみ合わせが気になるなどの理由で無意識に歯ぎしりをしてしまいます。

4歳から6歳ごろには乳歯から永久歯に生え変わるので

歯ぎしりすることが増えます。

歯ぎしりをする理由は、かみ合わせを調整するために行われます。

歯の生え換わりによって歯ぎしりをすることがある他にも理由があります。

それはストレスによるものです。

睡眠中だけ歯ぎしりをしている場合は、眠りの浅さや精神的なストレスが原因です。

しかし、2歳以降の子供の歯ぎしりは、かみ合わせによるものなのか、

ストレスによるものなのかが判断しにくいことがあります。

歯ぎしりをする子供の特徴とは

歯ぎしりをする子の特徴は、

口呼吸することや猫背や頬杖がくせな子。

よく噛んで食べない人です。

そして口の中も関係します。

歯並びが悪かったり、かみ合わせが良くない、

歯がすり減っている人もいます。

口で呼吸するほかに、体勢が悪いことでも歯ぎしりをしてしまうのですね。

栄養をしっかりと摂ることも大切ですね。

歯ぎしりを治し方

赤ちゃんや子供の歯ぎしりは治す必要はありません。

その理由は、歯の生え換わりによってかみ合わせを良くするためのものだからです。

しかし、大人の歯に生え変わってからも歯ぎしりが続くようならば、

小児科や歯医者さんを受診するべきです。

効果的な治し方と言えば、マウスピースを使うことです。

人によってはなお形が異なるのでオーダーメイドで作ってもらうのがお勧めです。

子供に合ったサイズを歯医者さんで作ってくれます。

就寝前に付けて寝ると歯ぎしり防止することができます。

予防方法

Sponsored Link

歯ぎしりをすることは悪いことではありませんが、

やりすぎてしまうと歯がすり減ってしまいますし、

あごや歯を痛めてしまうのでやりすぎているときは、歯医者さんで診てもらいましょう。

そして睡眠のリズムを整えることで歯ぎしりが改善されます。

また、ストレスをためないことも大切と言われています。

また、リマインダーという方法もあります。

歯を連想させるものを見ると歯ぎしりがおさまるように習慣づけます。

矯正を行う人がいます。

歯並びの悪さやかみ合わせの悪さで歯ぎしりする人がいますよね。

矯正を行うことで改善するかもしれないので歯医者さんで相談してみましょう。

まとめ

歯ぎしりは寝ているとき以外に

日中も考え事をしながらなど行ってしまっている人もいます。

そんなときは、歯医者さんで診てもらい、

歯ぎしりを改善させなければなりません。

たくさんの方法を紹介してきましたが、

子供の歯ぎしりを治す効果的な方法を試してみたくなりますねっ

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です