子供の口内炎の原因は?舌が痛くて食事✕!即効で治す薬は?

食事をしているときにつらいのが口内炎です。

特に舌にできた口内炎に当たると痛いですよね。

子供や大人の口内炎ができるときは、

食べ物や歯の摩擦で傷を付けてしまうことでできる

「アフタ性口内炎」があげられます。

Sponsored Link

今回は、『子供の口内炎の原因は?舌が痛くて食事✕!即効で治す薬は?』

として、

つらい口内炎を即効で治す薬や方法などを紹介します。

子供の口内炎の原因は?舌が痛くて食事✕!即効で治す薬は?

137381

口内炎ができる原因

口内炎ができてしまう原因は、人それぞれです。

1つ目は、寝不足やストレスによる体力の低下です。

ストレスがたまると身体にも心にも影響します。

なので、なるべくストレスを発散しましょう。寝不足が続くと体力が低下します。

質の良い睡眠を取ることをお勧めします。

2つ目は、ビタミンなどの栄養不足です。

口内炎ができるとビタミン不足かなと思い当たりませんか。

とくにビタミンB群が不足していることが口内炎の原因となります。

食材は、胚芽米、レバー、大豆、ほうれん草、肉類、卵、乳製品、青魚類などです。

中でも大豆は、お味噌汁や納豆、豆腐などをとることがおすすめです。

バランスのよい食事をするようにしましょう。

3つ目は、ウィルスによるものです。

ウィルスはによる原因は3つに分けられます。

1つ目は、ヘルペス性口内炎です。

生後6ヶ月から3歳の乳幼児に発症しやすい病気で

突然39度前後の高熱が出て、口内炎がたくさんできたり、

唇や舌、歯茎が赤く腫れてしまいます。

2つ目は、ヘンパンギーナです。

乳幼児や子供がなるもので、6月下旬〜8月中にかけてはやり、

「夏風邪」と言われています。

突然高熱が出て、上顎から喉の周辺にかけて口内炎ができてしまいます。

3つ目は、手足口病です。

ヘルパンギーナと同様に流行して、口の中の他に手のひらや足の裏などに水疱ができます。

口内炎に効果的な薬

口内炎を治す薬として5歳から使用できる「口内炎パッチ」があります。

このシールには生薬成分のシコンエキスが粘膜を復元してくれて

炎症を治してくれます。

使い方はシートから1枚はがし、色の濃い部分を患部に貼ります。

ぴったりとくっつきますが、

食べ物がシールに引っかかりとれてしまうことが起こるので

貼るのは寝る前がおすすめです。

効果は3日ほどでよくなるそうです。薬を使えば速攻で治りそうですね。

薬以外のものを使った方法

Sponsored Link

1つ目は、塩水うがいです。

塩水うがいで患部の菌を殺菌してくれます。

塩の量は小指の頭ぐらいで湯のみ3分の1ほどの水で溶かし、

患部に当てるようにうがいをします。

2つ目は、蜂蜜です。

蜂蜜は殺菌や消炎作用があるので口内炎に効果的です。

指先に蜂蜜をとり、患部に直接塗りましょう。

しかし、1歳未満の赤ちゃんには与えないようにしましょう。

3つ目は、アロエです。

アロエは、炎症を抑えてくれるので、

やけどや口内炎の治療に使われることがあります。

使う部分は、アロエの葉の緑の硬い部分を削ってとった透明のか肉の部分です。

口に入れておくと炎症がおさまるそうです。

痛いかもしれませんが、これらをしっかり行えば、即効で治すことができます。

まとめ

子供の口内炎を即効で治す方法を紹介しました。

口内炎ができてしまうと子供は痛くてぐずってしまいます。

そんなときこれらの方法をぜひ試してみたいですね。

何よりも口内炎を作らないように

日頃からバランスのよい食事を摂ったり、

睡眠をしっかりとることが大切です。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です