育児ノイローゼ?症状をチェックして早くスッキリしよう!

子育てをしていると寝不足になったり、

思い通りにいかなかったりして

育児ノイローゼになってしまうことがありますよね。

そんなときはだれかに相談したいと思うでしょう。

なかでも一番頼りたい人は夫ですよね。

Sponsored Link

今回は、『育児ノイローゼ?症状をチェックして早くスッキリしよう!』

として、

育児ノイローゼの症状をチェックしたり、

病院に行ったほうがいいのか?を紹介します。

育児ノイローゼ?症状をチェックして早くスッキリしよう!

243636

育児ノイローゼになる理由

女性の体は産後ホルモンバランスが崩れてしまいます。

妊娠中に助けていた女性ホルモンの量が変化するので

妊娠前に戻ろうとします。

そして育児をして昼も夜も睡眠時間を確保できないので寝不足になり、

自律神経が乱れたり、睡眠障害を起こしやすいのです。

寝不足が続いてしまうとマイナス思考になってしまい、平常心でいられなくなります。

育児ノイローゼの症状

育児ノイローゼに当てはまるものは、

無表情になってぼんやりすることが多かったり、マイナス思考になってしまうこと、

不眠症や睡眠障害、元気がなく、反応が鈍い、意欲がなくなってしまうなどです。

育児ノイローゼになってしまうのには原因があります。

赤ちゃんと2人きりになり、ストレスがたまってしまうことや出産後、

ホルモンバランスが崩れることで起こるマタニティーブルー、

育児や家事などを完ぺきにこなそうとして無理してしまうこと、

夫や家族のサポートなしで一人で家事や育児を行うなどして疲れてしまい、

イライラもしてしまうのです。

育児ノイローゼのチェック項目

自分で判断するために育児ノイローゼかどうかチェックしてみましょう。

育児ノイローゼの可能性があることは、

・育児をしていて孤独感を感じることや家族にいらだちをぶつけること。

・子供に少し虐待をしてしまうこと。

・産後に比べて体重が激減している。

・家事にやる気が出ない。

・些細なことでイライラしてしまう。

・人と話すことや会うことが苦痛になっていることです。

うつ病かなと思ったら病院へ

育児ノイローゼの初期症状は、不眠や動悸、無気力などです。

これらの症状が現れたらすぐに精神病院や産婦人科に行きましょう。

うつだと診断された場合は、休養をとって夫や周りの人に協力してもらいましょう。

育児ノイローゼにならないために

Sponsored Link


育児ノイローゼにならないためには、

産後に1カ月から3カ月ほど休養をとりましょう。

里帰りをするのもいいですね。

すぐに家事や育児をする人は、旦那さんにサポートしてもらいましょう。

子育ての知識などを助産師さんに聞いたり、

ママ友を作って情報交換をして子育てルを薄方法もあります。

そしてイライラしてしまうことに関しては、

毎日同じことの繰り返しの日々が続くことが原因とされます。

育児日誌をつけるなどして、小さな変化や子供の成長を実感できるので安心できます。

パパのサポート

イクメンという言葉を知っていますか。

ママさんが大変な時期に力を貸してもらいたい人はパパさんです。

パパさんの理解がママさんにとって支えになります。

パパさんができることは、産後の女性のホルモンバランスについて知識を持つことや

自分のことは自分で行うことや、

育児に関して「手伝う」ではなく「仕事」という認識をすることです。

できればママさんが一人になれる時間を作ってあげられるといいですね。

少しでもママさんの気持ちが楽になるようにサポートしてもらいたいです。

まとめ

育児ノイローゼに悩むママさんも多いと思います。

「完璧なママ」になろう!!

と頑張りすぎると無理してしまうので、

失敗することもある、

自分は頑張っているとほめてあげましょう。

落ち込んだ時は家族に助けを求め、ママ友と情報交換をしてアドバイスをもらいましょう。

そしてたまに気分転換をしに行きましょう。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です