【インフルエンザ】授乳中に予防接種ワクチン受けてもいい?

毎年インフルエンザが流行していますよね。

インフルエンザになると咳や喉の痛み、頭痛で辛いですよね。

もし授乳中のママさんがインフルエンザになってしまったら大変です。

Sponsored Link

また、インフルエンザの予防接種をするときに

卵アレルギーの人は接種できないといわれています。

今回は、『【インフルエンザ】授乳中に予防接種ワクチン受けてもいい?』

として、

授乳中にワクチンを接種しても大丈夫なのか、

卵アレルギーの人も接種してもよいのかをご紹介したいとおもいます。

【インフルエンザ】授乳中に予防接種ワクチン受けてもいい?

326aa5889627b44b271dd7f5ec2c844f_s

授乳期間中にインフルエンザの予防接種をしてもいいのか

授乳期間中でもインフルエンザの予防接種を行っても大丈夫です。

インフルエンザは不活化ワクチンを使用しているので

母乳を介して赤ちゃんに影響を与えることはありません。

不活化ワクチンは、ウィルスを殺し、

免疫をつけるために必要な成分が作り出されていて、

細菌やウィルスを殺すので体内で増えることはありません。

ですから母乳を介して赤ちゃんに影響することはないのです。

インフルエンザに感染してしまった!

インフルエンザに感染したときに処方されるのが「タミフル」です。

授乳中のママさんがタミフルを服用しているときに

授乳を中断した方がいいかどうかは、医師の間でも意見が分かれますが、

ほとんどの医師は服用中に母乳を与えることは避けたほうがいいと言います。

また、授乳をしているときに赤ちゃんのそばにいるので

咳やくしゃみなどの飛沫感染や、

空気感染、接触感染によって

赤ちゃんがインフルエンザに感染してしまう恐れがあります。

赤ちゃんに感染させないためにも授乳するときは、

ママさんがマスクをして行うか、搾乳をしてママさん以外の人にあげてもらいましょう。

ママさんが直接授乳してもいいのは、

タミフルやリレンザを2日以上服用していることや熱が下がっていること、

せきや鼻水がほとんどでないこと、マスクをしていること授乳前によく手を洗うことが条件です。

頼れる人がいない場合があります。

そのようなときは、手洗いやうがいをして

マスクをして、部屋は換気し、乾燥しないようにすることが大切です。

卵アレルギーの人は控えるべき?

インフルエンザの予防接種を受ける際に気をつけることは、

卵アレルギーがある人はインフルエンザの予防接種を受けられない可能性があります。

その理由は、インフルエンザアクチンには、

ごく微量の卵成分が含まれていますので

卵アレルギーの人は予防接種をする前に医師との相談が必要になります。

しかし、絶対できないというわけではなく、

卵によってアナフィラキシー(呼吸困難、血圧低下、意識焼失)など

強い症状が出る人が行わない方がいいというわけで、

軽い症状の人は受けてもかまいません。

もちろん軽い症状の人でも健康状態によって

接種してもいいか判断しなければなりません。

【インフルエンザ】予防接種を受ける前

Sponsored Link

卵アレルギーの人がインフルエンザの予防接種をする前に

皮内テストを行います。

実際にうつワクチンの100分の1の量をうち、反応を見るものです。

皮内テストで腫れた部分が9〜14mm、

赤い部分が20〜39mm以上の場合は少しずつワクチンを接種します。

腫れた部分が15mm以上、赤い部分が40mm以上の場合は、

接種を中止した方がいいといわれるそうです。

まとめ

授乳期間中にインフルエンザになるのはとても辛いです。

赤ちゃんと接する機会が多いママさんは

赤ちゃんに感染させないようにする必要があります。

予防接種を受けることで自分も感染する確率も低くなります。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です