赤ちゃんにインフルエンザ予防接種は必要?接種後の副反応が怖い

冬の時期にインフルエンザが流行するので

1歳未満のお子さんがいる人は心配ですよね。

インフルエンザに感染しないためにも赤ちゃんも

予防接種をした方がよいのでしょうか。

Sponsored Link

しかし、予防接種をしたら副反応がでないかと不安になりますよね。

今回は、

『赤ちゃんにインフルエンザ予防接種は必要?接種後の副反応が怖い』

として、

赤ちゃんのインフルエンザの予防接種についてご紹介したいと思います。

赤ちゃんにインフルエンザ予防接種は必要?接種後の副反応が怖い

9ba56d728e83e4e5948d835a0f39570d_s

予防接種を受けた方がいいのか。

インフルエンザに感染しないかと心配になる人はたくさんいます。

しかし、赤ちゃんに注射するのは痛くてかわいそうですし、

予防接種をしても感染してしまうこともあるので迷いますよね。

医師の間でも意見が分かれるそうです。

予防接種をした方がいいかは、

インフルエンザにかかる可能性があるかないかで判断されます。

例えば、赤ちゃんが保育園に入っていたり、

上のお子さんがいて保育園や幼稚園でインフルエンザに感染するかもしれない

という場合や、

両親が職場や外でインフルエンザに感染するかもしれないと思う人は、

赤ちゃんにも予防接種を受けさせた方がいいと思います。

インフルエンザの予防接種はいつから受けられるのか。

インフルエンザの予防接種は、

生後6ヶ月をすぎたことから受けることができます。

13歳未満のお子さんは、2回接種します。

1回目の接種から4週間ほどたってから2回目の接種を受けましょう。

希望する人だけが受けるものですが、心配な方は接種しましょう。

インフルエンザの流行する時期は、12月頃からなので、

1回目の予防接種の時期は、

10月頃から11月上旬にすることがおすすめです。

ワクチンは不活化ワクチンを注射します。

生後6ヶ月〜13歳未満のお子さんは、

2回接種しないと十分な抗体が出来上がらないので2回接種しましょう。

なお、インフルエンザの予防接種の費用は自己負担となります。

予防接種で副作用は出るのか。

予防接種をすると副反応が出ないかどうかと心配になりますよね。

インフルエンザの副反応は注射跡の腫れや発熱、だるさがあげられます。

まれにショックやアナヒラキシーなどの重い反応が出ることがあるので

体調のいいときに行いましょう。

注射後20分ほどは、注射跡の腫れや赤ちゃんの様子を見ます。

また、ワクチンに卵が使われているので卵アレルギーをもつ赤ちゃんは、

接種できないことがあります。

卵アレルギーか調べるときは、卵ボーロをあげるとわかります。

インフルエンザの予防接種の効果

Sponsored Link

赤ちゃんが幼いほどインフルエンザの予防接種の効果は低いそうです。

一般的には、6歳未満の子供は20〜30%、

1歳未満の赤ちゃんは、10%以下です。

これらの数字を見てみると予防接種をする必要がないのではと考えるかもしれません。

効果がないのに対して副反応が出るかもしれないということに

予防接種を受けさせたくないと考える人もいるようです。

また、インフルエンザの予防接種をしたから感染しないと考える人もいます。

そういうことではなく、

インフルエンザに感染したときに症状が軽かったり、

重症になりにくいということを理解しておきましょう。

インフルエンザに感染して脳症にかかることは避けたいという人もいるので接種をする人もいます。

まとめ

インフルエンザの予防接種について紹介しました。

もし、感染してしまった場合、

高熱と咳などで赤ちゃんが辛い思いをすることになります。

しかし、予防接種をすることで副反応が出る可能性もあると言われると

不安になりますよね。

予防接種は、出かけることが多かったり、

家族が感染する可能性があると思ったら行うようするといいかもしれませんね。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です