赤ちゃんの舌が白いのは病気?原因や対処法を知りたい

生まれたての赤ちゃん肌がツルツル、スベスベですよねッ

でも、よく見ると舌が白いなと思ったことがありませんか。

子育てが始めての人は心配になりますよね。

Sponsored Link

今回は、『赤ちゃんの舌が白いのは病気?原因や対処法を知りたい』

として、

赤ちゃんの舌が白い理由について紹介しますっ

赤ちゃんの舌が白いのは病気?原因や対処法を知りたい

88559312e47fb800aac3b7fe43c57a19_s

舌が白いのはなぜ?

赤ちゃんの舌はピンク色なのが普通ですが、

白いなと思うことがありますよね。

白くなる原因は様々で、ほとんどが母乳やミルクによってなります。

また、「鵞口瘡(がこうそう)」という病気がかんけいしています。

生まれたばかりの赤ちゃんは、

ママさんの母乳やミルクで栄養をとって成長します。

そして母乳やミルクの成分が残り、白くなるのです。

赤ちゃんの舌は細かいでこぼこがあるので母乳やミルクの成分が引っかかります。

そして睡液などでとれてピンク色に戻るのですが、

睡液や少ないことや乾燥により落ちずに舌に残ってしまいます。

白い汚れを落とすには、濡らしたガーゼや綿棒などで優しく拭き取りましょう。

強く擦ってしまったり、

乾いたガーゼを使ってしまうと舌の組織を傷つけてしまいますし、

さらにカスがたまりやすくなってしまいます。

濡らしたガーゼや綿棒で拭き取ってもカスがとれなかったり、

ほおの内側も白くなっている場合は、

「鵞口瘡(がこうそう)」の疑いがあります。

鵞口瘡(がこうそう)とは

鵞口瘡とは舌や頬の内側が白くなる病気で

ママさんの産道でカンジダ菌がついてしまうことで発症します。

妊娠中は免疫力が落ちるので

疲れやストレスなどでカンジダに感染しやすくなります。

妊娠後期にカンジダに感染してしまうと赤ちゃんも感染してしまいます。

他に感染してしまう原因は、

乳首や哺乳瓶の不衛生によるものと言われています。

きちんと消毒していても身体の抵抗力が落ちてしまっていると感染してしまいます。

鵞口瘡の対策や予防方法

Sponsored Link

乳児は自然に治ることがほとんどです。

また、免疫力が回復すれば子供も大人も治るのです。

鵞口瘡にならないためには、予防する必要があります。

予防として一番大事なのが清潔にすることです。

母乳の場合は、乳首を清潔にし、哺乳瓶を使う場合は、

消毒をしっかり行いましょう。

そしておしゃぶりやおもちゃをかんだり、なめたりする子もいるので清潔にします。

口を拭くタオルはきれいなものを使いましょう。

乳幼児は手や足を口に入れることがあるので手足も清潔にしてください。

病院へ行った方がいいのか。

病院で見てもらった方がいいかの判断は、

母乳やミルクのカスなのか鵞口瘡なのかを見てからにしましょう。

濡らしたガーゼで拭き取れたらカスですし、

拭き取れないようでしたら鵞口瘡です。

自分で判断がつかない場合は、小児科にいき、見てもらいましょう。

病院によっては鵞口瘡でも問題がないからそのままでも大丈夫ですよ。

というところと治療薬を処方してくれるところもあるそうです。

まとめ

赤ちゃんの舌が白くなる原因を紹介しました。

母乳やミルクによってカスがついてしまうということでしたら

拭き取れば元のピンク色になるので安心ですね。

しかし、鵞口瘡だとしたら心配になるでしょう。

鵞口瘡にならないためにも赤ちゃんが口に入れるものを

清潔にしてあげることが大切です。

消毒をきちんとしましょう。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です