絞扼性イレウスとは?症状や原因が知って正しい対策をしよう

絞扼性(こうやくせい)イレウスという病気を知っていますか。

あまり聞いたことのない病名ですが、

手術経験のある大人によく見られるものですが、

最近は、

乳幼児でも先天的に胃や十二指腸が閉塞している場合もあるそうです。

とても恐ろしい病気と言われています。

人気芸能人のお子さんがこの病気でお亡くなりになったことで、

この病名を初めて知った方も多いようです。

Sponsored Link

今回は、『絞扼性イレウスとは?症状や原因が知って正しい対策をしよう』

として、

絞扼性イレウスの症状や原因、腸閉塞についごて紹介します。

絞扼性イレウスとは?症状や原因が知って正しい対策をしよう

261660

絞扼性(こうやくせい)イレウスって何?

イレウスとは腸の一部が狭くなることで

腸内に入ってきた食べ物がつまり、

肛門へと流れていかなくなってしまう病気です。

絞扼性イレウスになると首しめ状態になってしまい、

血液が流れなくなるので腸が壊死してしまいます。

絞扼性イレウスの症状

絞扼性イレウスの症状は、お腹がはったり、

継続的に激しい痛みがあったり、

何度も嘔吐したり、脱水症状になる、

白血球の増加や発熱、顔色が悪いことがあげられます。

腸が詰まっているのでお腹にガスがたまりやすくなります。

そして突然お腹の痛みに襲われます。

嘔吐するとはじめは、胃液か胆汁が出ますが、

進行すると小腸や大腸の中のものが逆流し、嘔吐物になります。

その嘔吐物は、下痢のような色合いで便の臭いがします。

嘔吐した後は、一時的にお腹の痛みや吐き気がなくなるようです。

このような症状が出た場合は、病院に行きましょう。

絞扼性イレウスの原因とは

絞扼性イレウスの原因は、

先天的なものとそうでないもので分かれます。

先天的な病気によって腸閉塞になる場合は、

小腸が生まれつき閉鎖していたり、先天性小腸閉鎖や狭窄が原因とされます。

先天的ではないものによって腸閉塞になる場合は、

壊死性腸炎や腸重積などによって引き起こされます。

懐死性腸炎や腸重積は子供に発症しやすく、

それぞれミルクを飲み始めてしばらくして発症したり、

生まれて半年から2歳頃までに発症すると言われています。

絞扼性イレウスの見極め方

イレウスという病気は、

機械性イレウス、

機能的イレウスにわかれ、

機械性イレウスはさらに単純性イレウスと絞扼性イレウスにわけられます。

単純性イレウスはお腹がペチペチという金属音がなったりお腹にハリが出てきます。

一方、絞扼性イレウスは音が静かな状態で血行が悪い状態です。

単純性イレウスと見分けるのは難しいですが、

心配な場合は、病院でCT検査を受けてみましょう。

治療法はあるのか。

Sponsored Link

絞扼性イレウスの治療法は、手術を行います。

腸の癒着したところをはがして腸の血流が回復を見ます。

腸の一部が解死しているところは、切ってしまい、

正常な腸の部分とつなぐのです。

絞扼性イレウスはそのままにしておくと腸が詰まってしまいます。便

が出ませんさらにおならとして出るはずのアンモニアなどの毒素がたまってしまい、

腸が腐ってしまうので死亡につながります。

なので診断されたら治療を行いましょう。

また、予防方法としては食事療法があります。

腸がくっつかないようにするためには、

インゲン豆や栗、トウモロコシなどの不溶性食物繊維をとりすぎないようにして、

納豆や人参、ごぼうなどの水溶性食物繊維をとるようにしましょう。

水溶性食物繊維のものを食べた場合、

その半分の不要性食物繊維を食べることが理想です。

そして水分不足にならない用にすることや腸の中の便が硬くならないようにすることも心がけましょう。

まとめ

絞扼性イレウスについて紹介しました。

身体の小さい赤ちゃんも発症しやすい病気なので心配ですね。

小さい子供も大人も発症するので水溶性食物繊維をきちんととり、

水分不足にならないように心がける必要があります。

もし絞扼性イレウスを発症してしまった場合は治療を行いましょう。

早期発見はとても大事です。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です