離乳食の進め方が知りたい!初期の量やコツとスケジュール

あかちゃんが、生後5から6ヶ月になるとママさんたちは、

離乳食を始めようと思うタイミングの時期ですよねっ

離乳食と言っても何を食べさせればいいのか、

どの位の量がいいのかと考え込みますよね。

Sponsored Link

今回は、『離乳食の進め方が知りたい!初期の量やコツとスケジュール』

として、

離乳食初期の進め方や量についてご紹介します。

離乳食の進め方が知りたい!初期の量やコツとスケジュール

121790

離乳食初期って何?

離乳食は初期、中期、後期、そして完了期の4つあります。

初期は口に入れたものを飲み込むことで、

中期は歯を使うことができないが食べ物をかみ始めること、

後期は歯を使って食べ物をかむこと、

完了期は、大人と同じようにそしゃくして食事をすることを言います。

離乳食初期の時期は生後5、6ヶ月です。

赤ちゃんが大人の食事を見て、

よだれを垂らしたり、

口をぱくぱくさせて真似をするときが始め時です。

母乳やミルク以外にも食事があるということに興味を持ち始めるのです。

離乳食初期の食べ物

離乳食初期、その名も「ゴックン期」です。

まずは、10倍粥から始めましょう。

10倍粥は水が10に対してお米が1の割合で作ります。

始めて口にするものなので1さじを食べさせましょう。

これでは少なすぎるのではと心配する方もいますが、

赤ちゃんは胃が未発達なのでたくさんあげるとびっくりしてしまいます。

なので少しずつ量を増やしていきましょう。

おかゆに慣れるまで1週間以上続けます。

おかゆに慣れてきたら、人参やカボチャ、

ほうれん草などの野菜を1種類ずつ増やします。

すりつぶしたり、裏ごししたりするなど飲み込みやすくするのがポイントです。

おかゆと野菜に慣れてきたら豆腐や白身魚に挑戦します。

つぶしておかゆにまぜたり、とろみをつけてあげると食べやすいですし、消化しやすいです。

離乳食初期の時期に与える量は?

離乳食初期のときは、1日の授乳のうちの1回分を離乳食に替えましょう。

1回の離乳食で与える量は、

おかゆと野菜や白身魚をそれぞれ4から6杯ほどです。

離乳食の目的は、母乳やミルク以外の食事を覚えさせることなので、

全部食べることができなくてもいいのです。

少しずつ食べることができるようになれば次のステップに進めるのです。

離乳食初期で気をつけることとは

赤ちゃんがどの食材のアレルギーなのかを把握するには、

血液検査を行うか、実際に食べてみないとわかりません。

食べるのが始めてのものは1さじから始め、

様子を見ながら食べさせてください。

なお食べさせるときは、午前中にしましょう。

万が一アレルギー反応が出てしまったときにすぐに病院に行くことができるからです。

そして、どの食べ物でアレルギー反応が出たのかわかるように

始めて食べさせるものは複数を同時に食べさせず、1つずつにしましょう。

離乳食を楽しむために

Sponsored Link

離乳食をなかなか食べてくれなくて悩むことが多いですよね。

そのようなときは、「食べることは楽しいこと」と思うようにすることです。

一緒にご飯を食べて「おいしいねー」と言ったりして、

食べることの楽しさを教えることが大切です。

また、毎回作るのは大変なときは、

冷凍保存でストックしておくと、食べるときに解凍すればいいので楽ですよ。

製氷皿の1ブロックが離乳食1回分なのでいくつもストックしておくとよいでしょう。

野菜や魚だけで食べてくれないことがありますよね。

そんなときはおかゆに混ぜたり、とろみをつけてあげると食べやすいですよ。

まとめ

離乳食を進めるときに大切なのは

「食べることの楽しさ」を教えることと「アレルギー反応がないか」調べることです。

はじめは食べてくれないかもしれませんが、

めげずに毎日少しずつ食べさせましょう。

味を付けたいときはだしを少しかけてあげるといいですよ。

たくさんご飯が食べられるようになるためにも離乳食を進めるのことを頑張りましょう。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です