離乳食の卵のタイミングや量の進め方を伝授!卵黄と卵白は別

離乳食を始めて少しずつ食べられるものが増えてきますよね。

そんなときに心配なのがアレルギー反応です。

中でも卵はアレルギー反応が出やすく、

卵を食べさせたくてもなかなかできないですよね。

Sponsored Link

今回は、

『離乳食の卵のタイミングや量の進め方を伝授!卵黄と卵白は別!』

として、

離乳食で卵はいつから食べさせてもいいか、進め方についてご紹介します。

離乳食の卵のタイミングや量の進め方を伝授!卵黄と卵白は別!

121790

離乳食で卵を与えるときの進め方

離乳食を進めるのにあたって食べ物の中で

1番アレルギー反応がおこるのが卵です。

その反面、栄養価が高く、調理しやすいことから

赤ちゃんに食べさせたあげたいものでもあるのです。

卵を食べさせるにあたって気をつけなければならないことがあります。

また、卵黄と卵白では食べさせ始める時期も異なるので進め方を紹介します。

卵は卵黄と卵白があります。

食べさせ始める時期が異なる理由は、

卵白の方がアレルギー反応が出やすいからです。

なのではじめのうちは、卵黄のみを食べさせて様子を見ましょう。

卵黄を食べさせ始める時期は、

生後7〜8ヶ月頃で黄身を固めにしたゆで卵を

耳かき1杯程度から食べさせましょう。

卵黄が食べられるようになってから1〜2ヶ月後に卵白を食べさせましょう。

卵黄と同様に固めにしたゆで卵の白身を耳かき1杯程度から食べさせましょう。

このとき卵黄も卵白も固ゆでにしてこし網でこし

白湯やスープに混ぜて食べさせます。

1〜2日ほど様子を見て下痢や嘔吐や湿疹がなければ人さじずつ増やしていきましょう。

卵を与えるときの注意点

卵黄も卵白も食べられるようになったとしても

半熟卵を丸ごと与えないでください。

サルモネラ菌がついているので生卵も温泉卵も食べさせてはいけません。

半熟卵が食べられるようになるのは1歳を過ぎてからです。

離乳食を与えるときは午前中にしてアレルギー反応が出てしまったときに

すぐに病院に行けるように時間を決めておきましょう。

また市販のベビーフードやおやつにも気をつけましょう。

ベビーフードやお菓子を食べさせる前に確認したいのが原材料です。

原材料に卵が使われていることがあるので必ず確認しましょう。

卵を食べさせるときは赤ちゃんの機嫌や体調がいいときにしましょう。

風邪を引いたり胃腸の働きがよくないと嘔吐してしまうことがあります。

たまごボーロでトライしてもいいと思います!↓

生協 youtube動画

卵アレルギーの症状

Sponsored Link

卵アレルギーの症状は、食べた直後に出る子も入れば、

数時間後、数日後に症状が出る子もいます。

口の周りが赤くなったり、かゆみやじんましんがでる、

下痢や嘔吐の症状が出ます。さらに呼吸困難になることもあります。

アレルギーが重いほど症状がすぐに現れます。

食べてから異変があったらスグに病院に行きましょう。

卵アレルギーだった場合

卵アレルギーと診断された場合、

完全除去をするか、

卵が使われているものをとらないようにする必要があります。

卵を使わない代替品もありますし、

卵を使わなくてもおいしく作れるレシピもあるので見てみましょう。

まとめ

離乳食で卵をあげるときは少しずつ、

2日から3日休んでから食べさせることが大切です。

慣れてきたら量を増やしたり、卵白に挑戦してもいいでしょう。

焦らずにゆっくり慣れさせることが大切です。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です