哺乳瓶の煮沸の消毒はいつまで必要?やり方や時間を知りたい

哺乳瓶の消毒方法で悩んでいませんか?

哺乳瓶を消毒するときは消毒液に付けておく人がいますね。

一方で、消毒液だと薬品のイメージが強く、苦手意識を持つ方がいます。

以前は煮沸消毒をしていました。

簡単に言うと鍋で煮て消毒することです。

Sponsored Link

ではいったいどのようにして煮沸消毒を行うのでしょうか。

今回は、『哺乳瓶の煮沸の消毒はいつまで必要?やり方や時間を知りたい』

として、

煮沸消毒のやり方やいつまで煮沸消毒をすればいいのかをご紹介します。

哺乳瓶の煮沸の消毒はいつまで必要?やり方や時間を知りたい!!

193545

消毒をする理由

生後間もない赤ちゃんは抵抗力が弱く体力もありません。

そして細菌にも感染しやすいので病気になってしまうこともあります。

なので生まれた赤ちゃんが口にする哺乳瓶は、消毒して、殺菌しなければなりません。

煮沸消毒のやり方

消毒方法の中でも煮沸消毒のやり方を紹介します。

始めに哺乳瓶や乳首をきちんと洗います。

鍋に水を入れて哺乳瓶と乳首をつかます。

そして鍋に火をかけ、沸騰させます。沸騰したら3分で乳首を取り出します。

その後2分で哺乳瓶をとりだします。

そしてキッチンペーパーの上で乾かし、蓋付きの保管容器に入れて保管します。

ポイントは、しっかり沸騰している状態で5分間グツグツ煮ることです。

そうすると確実に消毒されると言われています。

煮沸消毒をするときは、専用の鍋を使うことをおすすめします。

普段料理をするときに使う鍋だと汚れが落ちきっていないこともあるからです。

また、哺乳瓶を取り出すためのトングや菜箸があると便利ですね。

電子レンジ用スチーム殺菌容器 哺乳瓶殺菌 蒸し器

 

↑コチラは、電子レンジでスチーム殺菌してくれるので、とっても便利!

鍋でするのは大変という方にっ

乾かし方と保管方法(鍋煮沸)

煮沸消毒舌哺乳瓶はすぐに取り出し、

布巾かキッチンペーパーの上で自然乾燥させます。

熱いうちに取り出した方が乾きやすいと言われています。

また、布巾で拭いてしまうと埃がついてしまうので乾かした方がいいですよ。

乾いたら、蓋付きのケースに入れて誇りがつかないように保管しましょう。

煮沸消毒はいつまでやればいいのか

哺乳瓶を使ったら消毒しますよね。

ではいったいいつまで行えばよいのでしょうか。

消毒を徹底しなければならないのは2〜3ヶ月くらいまでの赤ちゃんに対してです。

しかし、消毒をしなくてもよいというものは、

離乳食が始まるころや1歳までなど決まっていません。

6ヶ月くらいになると赤ちゃんはなんでも口の中に入れようとします。

そうすると菌が入ってきます。

口に入れそうな物を全部消毒するのも大変ですし

、哺乳瓶だけ消毒してもあまり意味がないと判断し、

6ヶ月頃から消毒をやめる人もいるそうです。

消毒をやめた後の哺乳瓶の保管方法

Sponsored Link

消毒をやめてから哺乳瓶はどのように保管しているのでしょうか。

哺乳瓶用の洗剤も売っていますが、

普段食器を洗うときに使う洗剤を使っている人が多いようです。

洗うだけでは心配という人は、たまに簡単な消毒をすることをお勧めします。

まとめ

哺乳瓶を消毒する方法で煮沸消毒について紹介してきました。

毎回お湯をわかして消毒するのは大変ですよね。

しかし、赤ちゃんの口に菌が入らないためにも

きちんと消毒はしなければなりません。

また、哺乳瓶の乳首や哺乳瓶にミルクがたまりやすいので

洗い流してから消毒することをお勧めします。

人それぞれですが、離乳食を開始したことや

1歳を過ぎたら消毒をせずに洗って乾かすだけという人もあるので

心配でなければ消毒をやめてもいいと思います。

赤ちゃんのためにも大変でも消毒はきちんと行いましょう。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です