子供がクループ症候群や気管支炎に!咳の症状や治療方法は?

クループ症候群という病気を知っていますか。

あまり聞いたことないかもしれません。

この病気は、生後3ヶ月から5歳までの乳幼児によく見られます。

熱や鼻水が出たり、咳の仕方が変だったり、

オットセイのような声の咳などの症状がでるそうです。

Sponsored Link

また、クループは喉頭気管支炎とも呼ばれます。

今回は、

『子供がクループ症候群や気管支炎に!咳の症状や治療方法は?』

として、

クループ症候群の症状や治療についてご紹介します。

子供がクループ症候群や気管支炎に!咳の症状や治療方法は?

261659

クループ症候群とは

クループ症候群とは、

上気道がウィルスや細菌に感染して炎症を起こしてします病気で、

炎症によって気道が晴れて狭くなるのでゼーゼーとした呼吸になったり、

呼吸困難担ってしまうこともあります。

気道が狭くて、組織も弱いので子供はクループ症候群を発症しやすいそうです。

クループ症候群を発症するのは生後3ヶ月から5歳の子供が多く、

生後2年以内にかかってしまうことがほとんどです。

かかってしまう時期は冬が多いそうです。

また、3歳から6歳までの子供は再発しやすいとも言われています。

クループ症候群の種類

そんなクループ症候群には、いくつか種類があります。

感染性の仮性グループのことを示しますが、

ウィルスや細菌の感染によるもので急性喉頭蓋炎の症状が現れることがあります。

クループ症候群の症状とは

クループ症候群は、風邪の症状から始まります。

それから1日〜2日経つと38度〜40度の熱が出て、

その後に犬の遠吠えやオットセイのような鳴き声の咳が出ます。

熱や咳が出たときは安静にしましょう。

何日間か咳の症状が繰り返されますが、1週間ほどで軽くなってきます。

軽い症状のときはいいですが、顔面蒼白や、

意識障害などがおこることもあるので症状が重くなりそうなときはすぐに病院に行きましょう。

また、これらの症状が出たらすぐに救急搬送してください。

クループ症候群の原因

クループ症候群の原因は、

ウィルス感染によっておこる「仮性クループ」があります。

アデノウィルスやインフルエンザウィルスによって炎症がおこるのです。

ウィルスの潜伏期間は数日から1週間と言われています。

クループ症候群と判断するには

クループ症候群を発症すると咳が出ます。

その咳の特徴は、乾いたような感じの咳や、

犬の遠吠え、オットセイの鳴き声野用なものです。

子供は、2歳〜6歳までのお子さんに見られることがあります。

もちろん大人でも見られます。そして突然高熱や喉の痛みの出るのです。

クループは、喉頭気管支炎とも言われていて

風邪と似た症状があるので判断しにくいかもしれませんが、

キューキューと高い呼吸音がするとクループだと判断できるでしょう。

クループ症候群の治療法

Sponsored Link

クループ症候群の治療法は、

症状に合わせて咳を沈める薬や喉の腫れをとる薬などが処方されます。

細菌が原因の場合は抗生剤を投与します。

症状が重い場合は、入院することになりますが、

治療をすれば1週間ほどでよくなると言われています。

家の中でできることは、

少しでも咳が和らげるように湿度を50〜60%に保ちます。

咳をして嘔吐することもあるのでのどごしのよいものを食べましょう。

まとめ

クループ症候群はウィルス感染によって発症します。

風邪と比べて呼吸がキューキューして苦しそうなのですぐにわかるでしょう。

予防方法としては、手洗いうがいをきちんと行うことです。

そうすることでウィルスに感染する確率を下げることができるでしょう。

また、予防接種でも予防できるので小さいお子さんがいる方は予防接種を行いましょう。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です