赤ちゃんには絵本がおすすめ!大切なことを教えてくれる5選

赤ちゃんが成長していく中で

言葉が話せなくても目や耳でいろんなことを覚えようとしています。

そんなときにおすすめなのが絵本です。

ママさんは毎日読み聞かせをしていると思いますが、

どんな本を読んであげているのでしょうか。

Sponsored Link


今回は、

『赤ちゃんには絵本がおすすめ!大切なことを教えてくれる5選』

として、

赤ちゃんに読んであげるのにおすすめの本をご紹介します。

赤ちゃんには絵本がおすすめ!大切なことを教えてくれる5選

256702

本を読むことは赤ちゃんとのコミュニケーションになる。

ママさん、パパさんは、普段から赤ちゃんに話しかけていると思います。



赤ちゃんはお話がまだできないので目で見て、耳で聞いて覚えます。

絵本は、赤ちゃんに興味を持たせるための必須アイテムですよね。

一緒に絵を見て楽しむことができます。

また、コミュニケーションをする機会だと思います。


では、そんな時におすすめの本は何なのでしょうか。

赤ちゃんにおすすめの本

1つ目は、絵がたくさんある本 「もこ もこもこ」です。


「もこ もこもこ」という本はほとんどが絵で、出てくる言葉は擬音語です。


出てくる絵と聞こえてくる音が赤ちゃんにとって楽しいと言われています。

2つ目は、 下から上へめくる絵本 「いただきますあそび」です。

いただきますあそび 0・1・2才のほん おでかけ版/きむらゆういち【後払いOK】【1000円以上送料無料】

本にはご飯をたくさん食べる動物の絵が描かれていて

一緒に「いただきまーす」と言いながらめくるのが楽しい本です。

さらに食事の楽しさも伝わると思います。

この本は、シリーズ物で「いないいないばあ」や「ごあいさつ」などもあります。

3つ目は、昔から愛されている絵本「いないいないばあ」です。

【BB】いないいないばあ 4-494-00101 童心社 絵本【10P23Aug15】【\6,480以上購入で送料無料(北海道・沖縄・離島を除く)】


松谷みよ子さんの赤ちゃんの本シリーズの中で

「いないいないばあ」は人気です。

1ページずつめくるとたくさんの動物たちが出てきて赤ちゃんも喜びます。


いないいないばあは幼児になって読んでも一緒に真似しながら読めるので楽しいと思います。

4つ目は、五感を刺激する本「しろくまちゃんのほっとけーき」です。

【BB】しろくまちゃんのほっとけーき 4-7721-0031 こぐま社 絵本【10P23Aug15】【\6,480以上購入で送料無料(北海道・沖縄・離島を除く)】

この本は色が鮮やかですし、

「ぽたあん」「どろどろ」「ぺたん」などの擬音がたくさん出てくるので楽しくなりますし、

ホットケーキを焼いているときの匂いや焼けたホットケーキのほかほかしている感じ、

食べたときの甘さなどが伝わってきます。

思わずホットケーキが食べたくなりますね。

ホットケーキを知らない赤ちゃんでも音を聞いておいしいものと認識するようになります。



3歳くらいまで読み聞かせができるので結構使えます。

5つ目は、赤ちゃんとスキンシップしたくなる本「くっついた」です。

【BB】くっついた 4-7721-0178 こぐま社 絵本【10P23Aug15】【\6,480以上購入で送料無料(北海道・沖縄・離島を除く)】

金魚やぞうさん、おさるさんなどが出てきて

「くっついた」というといろんなところにくっついてきます。

絵本を読んでいるときに赤ちゃんと思わずくっつきたくなると言われています。

赤ちゃんもママやパパとくっつくと嬉しい気持ちになりますよね。

そんなときはスキンシップをしてみましょう。くっついたときにほっこりするでしょう。

読み聞かせをするときに

、一緒になって絵本を楽しむことができますし、

赤ちゃんに話しかけることができるのでコミュニケーションがとれます。

まとめ

読み聞かせは0歳から始めている人が多いです。

本の内容がわからなくても赤ちゃんは絵や音で楽しむことができます。

お座りできるようになったら本を下においてめくりながら読むのも楽しいですよ。

ぜひこの機会に絵本を探してみましょう。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です