赤ちゃんのうつぶせ寝いつから大丈夫?メリットとデメリット

4ヶ月前後から寝返りができるようになると

赤ちゃんはうつぶせで寝ていることがありますよね。

仰向けに直してもいつの間にかうつぶせになっていることがあります。

赤ちゃんがうつぶせ寝をすると危険だという声もあります。

それはなぜなのでしょうか。

Sponsored Link

今回は、

『赤ちゃんのうつぶせ寝いつから大丈夫?メリットとデメリット』として、

うつぶせ寝はいつからなら大丈夫なのか。メリットやデメリットをご紹介します。

赤ちゃんのうつぶせ寝いつから大丈夫?メリットとデメリット

9ba56d728e83e4e5948d835a0f39570d_s

うつぶせ寝はいつから大丈夫か

うつぶせ寝は、自分の力で寝返りができる生後6ヶ月を過ぎてからにしましょう。

6ヶ月以前だと自分で顔の向きや姿勢を変えることができないので

シーツやタオルが顔にかかってしまった場合、

口や鼻が塞がれて窒息してしまう恐れがあるからです。

なのでうつぶせをさせるときは目を離してはいけません。

うつぶせをすることは、

ずりばいやハイハイをしようとする体勢になる為に必要なのでいいことです。

しかし、赤ちゃんが窒息しないためにも安全を確認しましょう。

うつぶせ寝のメリット

うつぶせ寝のメリットは、

深い眠りにつけることや胃液が逆流しにくい、身体が強くなることです。

大人もそうですが、うつぶせで寝た方眠りが深いです。

そのため無意識でうつぶせになることがあるのです。

赤ちゃんは気持ち良さそうに寝ますよね。

胃液が逆流しないことに関しては、仰向けではゲップがたまり、

胃の中のものを逆流してしまいますが、

うつぶせの姿勢だと胃の中にたまるので吐くことはありません。

また、身体が強くなり、ハイハイの時期が早くなったり、心肺機能も高くなります。

睡眠の質が良くなると言うメリットがありますが、

うつぶせ寝をしている姿を見ると「苦しくないのかな」とか

「あの姿勢で首が痛くならないのかな」と心配になりますよね。

うつぶせ寝のデメリット

メリットもあるんですが、残念がらデメリットもあります。

うつぶせ寝のデメリットは、

窒息死を起こした事件や乳幼児突然死症候群(SIDS)があげられます。

乳幼児突然死症候群は、

突然赤ちゃんが亡くなる病気の一つでうつぶせ寝によっておこることが多いそうです。

うつぶせ寝をしていて気がつかないということもあるのです。

うつぶせ寝で心配にならないためにも

Sponsored Link

うつぶせ寝をしても安心できるためには安全な環境づくりが大切です。

まずは、赤ちゃんを一人にしないことです。

寝付いた後もなるべく一人にせずにママさんがそばにいてあげましょう。


次に硬い布団を使います。

布団が柔らかいと顔をつけたときに呼吸ができなくなってしまいます。

なので硬めの布団にすることで埋もれて呼吸ができないということにはならないと思います。

シーツをピンと張ることで呼吸弊害の恐れがなくなります。

他には、枕を使わなかったり、

顔の周りにぬいぐるみやタオルを置かない方法があります。

まとめ

うつぶせ寝は何度直しても戻ってしまうので難しいです。

しかし、うつぶせで寝ることは睡眠の質を上げるので悪いことではありません。

自分で寝返りをうてるようになればうつぶせ寝で窒息することはないでしょう。

心配な人は、赤ちゃんのそばから離れないようにしたり、

タオルやぬいぐるみが赤ちゃんの口や鼻にかからないようにしましょう。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です