乳腺炎の原因は食事やストレス以外にもある?予防法は何?

授乳中のママさんが困ってしまうことと言えば

「乳腺炎」です。

おっぱいが腫れたり、しこりが出来て痛いという人もいると思います。

痛い思いをせずに授乳したいですよね。

乳腺炎は産後のストレスや食事によっておこってしまうと言われていますが、

それ以外にも原因があるそうです。

Sponsored Link

今回は、『乳腺炎の原因は食事やストレス以外にもある?予防法は何?』

として、

乳腺炎の原因や予防法について紹介します。

乳腺炎の原因は食事やストレス以外にもある?予防法は何?

3e2d5667f408f834408b8fa42d3b9976_s

乳腺炎は、本当に痛いです、、かなりつらいのでなるべく早く解決したいですねっ!

乳腺炎の症状

乳腺炎はおっぱいに痛みを伴うしこりができて、

悪化してしまうと痛みや発熱があります。

母乳はどんどん作られるのに、

出ないことで乳腺炎になってしまうということです。

授乳中のママさんの2〜3割が乳腺炎になるそうです。

乳腺炎の特徴として、おっぱいが熱を持ち、しこりができます。

そしておっぱいを押すと痛みがあります。

半透明の色ではなく、黄色っぽい母乳がでてきます。

そして搾乳もできなくなるくらい固くなることもあります。

乳腺炎になる原因と予防法

乳腺炎には「急性うっ滞乳腺炎」といって

母乳を外へと運ぶ乳腺に母乳がたまり、詰まってしまうことが原因でおこります。

また、脂肪分が多く、高カロリーな食事やきつい下着を着けていたり、

姿勢が悪いことで胸部を圧迫することや赤ちゃんの母乳の飲み方が

短かったり、長かったり、授乳の間隔がバラバラになっている場合に乳腺炎になることがあります。

乳腺炎にならないために行うことは、

食事に気をつけること、ストレスをためないことです。

食事を摂るときは、乳腺を詰まらせる食べ物は控えましょう。

特に甘いものや脂っこいものは控えて和食中心の食生活にしましょう。

母乳育児には水分補給が必要になりますが、

乳腺炎のときは、母乳が作られすぎてしまい、症状が悪くなる一方です。

なのでほどよく水分を摂りましょう。

他には、ストレスをためないことです。

疲れやストレスにが溜まると乳腺炎になってしまうことがあります。

しっかりと睡眠を取り、ストレスのない生活を送りましょう。

対処法とは

Sponsored Link

乳腺炎によるしこりを解消するためには、

赤ちゃんに吸ってもらうのが最適です。(でも、スッゴク痛いですよ~><;)

しこりがある方の乳房から授乳して、角度を替えながら吸ってもらうとしこりが解消されます。

また、飲みきれなかった分は搾乳をするなどしてしこりができないようにしましょう。

また、入浴することもしこりを解消に効果的です。

ぬるめのお湯に入って身体を温めてマッサージを行います。

入浴後は身体があったまっているのでそのときに授乳すると母乳が出やすくなります。

熱を持っている場合は、

冷えピタなどの冷却湿布を貼ることをお勧めします。

あまり冷たすぎないものを選びましょう。

ライオン 冷えピタ 大人用 増量 12枚+4枚

 

乳腺炎になりそうと言うときは、葛根湯液が効果的です。

葛根湯は、ごぼうの種を煎じたものと同じく乳腺炎に効果的な飲み薬です。

【滋賀県製薬】葛根湯液WS 30ml×3本 【第2類医薬品】※お取り寄せ商品 【RCP】【02P23Sep15】

 

ちなみにごぼう茶を飲むと血液の流れが良くなり母乳の出がよくなります。

おっぱいを締め付けてしまうような下着は血液の流れが悪くなってしまいます。

なので締め付けるようなものではなく授乳用のものやゆったりとしたものがいいでしょう。

まとめ

乳腺炎の原因や予防法などを紹介しました。

乳腺炎にならないためにも母乳の出をよくするマッサージや

食生活を行うことが大切ですね。

他にはストレスをためないことも大切です。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です