妊婦のカフェイン摂取はなぜだめなの?特に妊娠初期は怖い

妊婦中はコーヒーを控えた方がいいと言われますね。

なぜだめなの?

疑問に思いますよね。

コーヒーにはカフェインが含まれていてそれを摂取することで

母子ともに影響を及ぼすからだと言われています。

特に妊娠初期は要注意です。

しかし、妊娠前にコーヒーをよく飲んでいた人にとって

コーヒーを我慢することは辛いことです。

Sponsored Link

今回は、『妊婦のカフェイン摂取はなぜだめなの?特に妊娠初期は怖い』

として、

妊娠中にカフェインを摂取することを控えた方がいい理由や

食事中にコーヒーを飲んでもいいのか。

妊娠中でも安心して飲めるコーヒーなどをご紹介します。

妊婦のカフェイン摂取はなぜだめなの?特に妊娠初期は怖い!

1786317b24e36900fbaee80ed11e434d_s

妊娠中にカフェインを控えた方がいい理由

カフェインには、中枢神経を興奮させる作用があり、

たくさん摂取すると不眠や精神興奮、

呼吸促進などが引きおこってしまうのです。

また、妊娠中歯カフェインを分解するのに時間がかかるので

胎盤を通じてお腹の赤ちゃんの所に行き届いてしまいます。

そうすると流産や早産、低出生体重児や発達障害になってしまう可能性があるのです。

これを聞くとちょっと怖いですね、、

妊婦さんが1日に飲んでよいコーヒーの量

妊娠前に毎日のようにコーヒーを飲んでいた人は

コーヒーを控えるのは難しいですよね。

しかし、赤ちゃんに悪い影響が出ると言うのはたくさん摂りすぎてしまった場合で、

1日に150から200mg(1杯〜2杯)くらいであればコーヒーを飲んでもかまわないのです。

少量のカフェインは、覚醒作用や集中力が高まると言うようによい効果があります。

また、血管収縮作用があるのでリラックス効果が期待されます。

コーヒーの他にカフェインが含まれているものはたくさんあります。

コーヒーではないからと安心して飲み過ぎないようにしましょう。

カフェインが含まれているコーヒーなどの

摂取を控えるべきだと言われていますが控えるのは難しいですよね。

そんなコーヒー好きの人にお勧めのものはノンカフェインのコーヒーです。

カフェインは紅茶やお茶にも含まれているので絶対に摂らないと言うことはできません。

ただ妊娠中でもコーヒーが飲みたいという人に

ノンカフェインコーヒーはおすすめなのです。

他には、タンポポ茶やタンポポコーヒー、ルイボスティー、

麦茶などがあり、ハーブティーもおすすめです。

ノンカフェインのたんぽぽコーヒーは普通のものよりも

風味が落ちていますが妊婦さんに優しくて、飲みやすいものとなっています。

市販のコーヒーでもノンカフェインのコーヒーがあります。

妊娠初期には要注意

Sponsored Link

妊娠初期は、赤ちゃんに栄養を届けるために血液の量が変化します。

そうすることで貧血になりやすくなります。

コーヒーに含まれるタンニンは鉄分の吸収を妨げてしまうので

貧血の時は控えましょう。

また、身体に栄養素を取り入れる食事中から食後30分以内には飲まないようにしましょう。

まとめ

妊娠中にカフェインの摂取を控えなければならない理由などを紹介しました。

お腹の中にいる赤ちゃんに悪影響が出ないためにも

いつもよりもコーヒーや紅茶などを控える必要がありますね。

どうしてもコーヒーや紅茶が飲みたいという人は、

1日1杯にするか、ノンカフェインのものを飲みましょう。

ノンカフェインのコーヒーは妊娠中以外に

授乳期でも安心して飲めるのでストレスをためずに我慢せずに楽しむことができます。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です