妊婦が食事で食べてはいけないものとは?注意すべきリスト

妊娠中、産後ママのこころとからだにあんしんをお届け[こころからだあんしんラボ]

妊娠中はお腹の赤ちゃんのことも考えて

食事には気をつけなければなりませんよね。

妊婦さんは水銀が含まれるものや肉、

チーズを食べてはいけないと言うことを聞いたことがあります。

Sponsored Link

今回は、

『妊婦が食事で食べてはいけないものとは?注意すべきリスト』

としまして、

食べては行けない食べ物やその理由などを詳しくご紹介します。

妊婦が食事で食べてはいけないものとは?注意すべきリスト

171604


リステリア食中毒の恐れがある食べ物

リステリア食中毒の恐れがある食べ物とは、

ナチュラルチーズや未殺菌乳など、

加熱せずに作られた乳製品、生ハムなどの食肉加工食品、

スモークサーモンなどの魚介類加工品です。


リステリア食中毒は、土壌や河川水、家畜などの動物や魚介類、

昆虫から発見されたリステリア菌による感染症です。

感染するとインフルエンザのような38〜39度の熱が出て、

頭痛や嘔吐などの症状がでます。

妊婦さんが感染してしまうとお腹の赤ちゃんにも感染し、流産や早産の原因になります。


トキソプラズマに感染する恐れのある食べ物

トキソプラズマに感染する恐れのある食べ物は、

レアステーキや生ハム、ユッケ、レバ刺しなどの加熱をあまりしていない生肉です。


トキソプラズマは家畜の肉や感染したばかりの

ねこの糞など土の中にいる単細胞の寄生中です。

妊婦さんが感染するとお腹の中にいる赤ちゃんにも感染するかもしれません。

すると流産や死産する可能性があるのです。

水銀を含む食べ物

水銀を含む食べ物は、マグロ類の料理や加工食品、

金目鯛やムツなどの深海魚です。

水銀は身体の外に取り込まれても身体の外へと出て行きます。

しかし、お腹の赤ちゃんには身体の外に出すことはできないので

神経障害や発達障害をもたらすことがあります。

なので妊婦さんが魚を主食にする場合、週に1〜2回程度にしましょう。

サルモネラ菌に感染する恐れがある食べ物

サルモネラ菌に感染する恐れがある食べ物は、

生卵や加熱が十分にされていないお肉や低温殺菌がされていない乳製品です。


サルモネラ菌に感染すると食中毒を起こす可能性があります。

食中毒の症状である下痢は、子宮を収縮してしまうので流産や切迫早産になることがあります。



卵がけご飯は生卵を使うので控えた方が良さそうです。

妊娠中でもがまんしなくていい?

Sponsored Link

妊婦さんが食べてはいけないものはたくさんあります。

しかし、今まで食べていたものを我慢することは難しいですよね。


先ほども紹介しましたが、

生の魚やお肉は食べるとお腹の赤ちゃんに影響するので食べないようにしましょう。

中でもお寿司はボイルエビや穴子などの調理済みのものを食べた方がいいです。

しかし、せっかくお寿司屋さんに来たのに

生魚のお寿司が食べられないのは残念ですね。

生魚のお寿司を食べるときは、わさびやショウガなどと一緒に食べることをお勧めします。

また、焼き肉が食べたい場合はしっかり焼きましょう。

レバーは食べない方がいいですよ。

食べすぎると高カロリーなので身体によくありません。

食べるときは、程々にしましょう。


妊娠中、産後ママのこころとからだにあんしんをお届け[こころからだあんしんラボ]

まとめ

妊娠中には控えた方がいいものがたくさんあります。

それはお腹の中にいる赤ちゃんのためです。

栄養のほとんどが赤ちゃんにいくのでしっかりと食事は摂りたいものですね。

つわりの時期を乗り越え、

少しずつ食欲が増えてきたらなるべく身体にいいものを食べましょう。

食べたいものがあった場合は、食べ過ぎないようにして量を少なめにするなど工夫をしましょう。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です