妊娠線の予防はいつから始める?注意点やクリーム選びのコツ

妊娠線ができてしまうと元には戻りません。

妊娠線を消したい場合は、

レーザー治療をすると少しは薄くなるそうです。

しかし、治療をするのには高額なお金がかかってしまいますよね。

そこで妊娠線を予防するために大活躍するのがケア用品です。

Sponsored Link

ケア商品はどのメーカーのものがいいのか迷いますよね。

中でもお手軽価格だけど効果てきめんの

『ニベア』と言うボディクリームがおすすめです。

今回は『妊娠線の予防はいつから始める?注意点やクリーム選びのコツ』

として、

妊娠線の予防方法やいつから始めればいいのか、そして注意点などをご紹介します。

妊娠線の予防はいつから始める?注意点やクリーム選びのコツ

39ae25b830c730d2c6aa41f3e1f9cfcf_s

妊娠線は、想像以上にすごいです。。

甘くみていると痛い目にあいます><;

妊娠線ができる理由と予防はいつから行えばいいのか。

妊娠線ができてしまう理由は、

妊娠して皮下組織野中にある脂肪細胞が

急激におおきくなると表皮はある程度は伸びますが、

真皮や皮下組織の一部は、そのスピードにおいつけなくて断裂してしまいます。

断裂した場所は毛細血管が透けて見え、

赤紫色の線状斑が出てくるのです。

妊娠線は、

稲妻のようなものやスイカの縞模様のようなものと人それぞれだと言われています。

妊娠線ができないためにも日頃から

ケア商品を使って予防することをお勧めします。

妊娠線の予防は、妊娠4〜5ヶ月目から行いましょう。

妊娠線が出やすい人の特徴

妊娠線が出やすい人の特徴は、

妊娠中の体重の増加が12kg以上ある人です。

きちんとした食事や運動を行って体重をコントロールしている人は

妊娠線ができにくいと言います。

元々小柄でやせている人もできやすいです。

皮膚面積が狭く、お腹の皮膚が引き伸されてしまうのです。

他には、高齢出産の人や経産婦の人も妊娠線が出やすくなっています。

妊娠線は、皮膚が伸びにくい状態や

皮膚が引き伸ばされやすい状態ができやすいと言うことですね。

妊娠線予防の保湿ケア商品

妊娠線の予防や保湿ケアをするときに専用のオイルやクリームを

使う人がほとんどですが、

中にはニベアのボディクリームを使う人もたくさんいます。

ニベアの青い缶のクリームは、見たことがありますよね。

潤い成分がしっかりと入っていて、

「青缶大(169g)500円程度」と言うような安い料金は魅力があります。

ニベアクリーム 青缶 大缶(169g)花王【ニベア】[ニベア ニベアクリーム ハンドクリーム 乾燥対策 花王]

 

顔から足のかかとまで全身のスキンケアができます。

コストパフォーマンスが高いのはうれしいですね。

ニベアが妊娠線に効果的な理由は、

妊娠線の元となる真皮の割裂を修復するホホバ油が入っているからです。

そしてそれが浸透することでターンオーバーを促して妊娠線を修復します。

妊娠線にニベアを塗る方法

塗る前にお風呂に入るなどして体を清潔にしましょう。

両手にニベアをとりマッサージを行いましょう。

マッサージの仕方は、肌荒れや乾燥しやすいバストやお腹周りを中心に優しくなじませます。

マッサージは5分ほどしましょう。

ニベアを塗るのは1日1回で1ヶ月ほど続けると効果が出てきます。

超人気の妊娠線ケアクリーム↓

ベルタ妊娠線クリーム

妊娠線クリームを塗るときの注意点

Sponsored Link

妊娠クリームを使用する前に妊娠線ができやすい場所を把握しましょう。

お腹だけではなく、二の腕や太もも、ふくらはぎ、バストなどの

皮膚が柔らかいとことにできやすいです。

クリームを使用し始めるのは、つわりが終わった頃です。

クリームの量は多めにします。少ないと無理な力が入ってしまうからです。

優しくのの字を書くようにマッサージするのがおすすめです。

まとめ

妊娠線に効果的なクリームについて紹介しました。

妊娠線はできてしまうと消すことができないので

早めに予防するのがいいですね。

クリームも専用のものやニベアなどの市販のものがありますが、

専用のものの方が値段は高いですが、効果があると言われています。

コスパを考えるならばニベアの方がいいです。

選ぶ際に参考にしてみてください。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です