出産後の生理はいつから再開?母乳・授乳育児と関係がある?

出産後の生理は『いつからなんだろう?』と、

思ったことはありませんか。

早い人もいれば遅い人もいます。

生理がこない理由は母乳・授乳育児をしていることが関係します。

また、再開されるのは、授乳回数が減ることや卒乳を期にと言うことが多いそうです。

Sponsored Link

今回は、『出産後の生理はいつから再開?母乳・授乳育児と関係がある?』

としまして、

出産後の生理について詳しくご紹介します。

出産後の生理はいつから再開?母乳・授乳育児と関係がある?

087087妊娠前には、毎月きていた生理も妊婦中・出産後としばらの間、

お休みなのは、育児中のママとっては煩わしさが一つでも減って嬉しい時。

でも、あまり長い間生理が来ないのも不安になるママもいるようです。

生理はいつから再開されるの?出産後に生理が来ないのはなぜ?

出産後に生理がこない理由は、

ママさんの体はまだ回復していないので自分の体を守ろうとしているからです。

生理の再開にはプロラクチンと言うホルモンが関係します。

プロラクチンは、排卵を抑える働きがあります。

赤ちゃんがおっぱいをたくさん飲むことでプロラクチンがたくさん分泌されます。

なので生理の再開が遅くなってしまうのです。

生理が再開するのは、人それぞれでいつからというのはわかりません。

母乳育児をしているママさんはホルモンの影響で再開が遅くなってしまいます。

離乳食が始まり授乳の回数が減ったり、卒乳をするときに再開すると言われています。

中には卒乳前に生理が再開する人もいるそうです。

普通は、卒乳後2から3ヶ月で体内のホルモンバランスが安定して

生理再開の準備に入ると言われています。

生理はどのように再開されるのか。

生理がくる前にお腹が痛くなったりしますよね。

それは、子宮が収縮するからです。

出産後の生理の場合、生理の前兆がなく再開することがあります。

生理が来ないと思っても心配はありません。

生理が再開されるのは個人差があります。

卒乳後6ヶ月以内には再開するので様子を見てみましょう。

再開しなくて心配な場合は、病院に相談しにいきましょう。

生理再開が早い人と遅い人といます。

授乳回数が多い人は、生理の再開が遅いです。

目安は、一日5回以上授乳をしている人はホルモンの影響により

生理の再開が遅いと言われています。

youtube動画で詳しく説明してくれています。

出産後の生理の出血量は?

妊娠前と出産後で生理の出血量や生理痛の

重さが変わると言われています。

その理由は出産したことで子宮内の環境が変わったからです。

産後の生理痛は赤ちゃんをだっこできない、

横になっていないと辛いなどの重い症状がほとんどです。

生理痛が重くなった人は、ストレスがたまってしまったり、

骨盤が歪んでいたり、子宮内膜症の可能性もあります。

月経と月経の間に2から3日の出血がある場合は、

排卵出血なので心配はありません。

出血が長く続く場合は、不正出血と言うこともあるので出血の量や色、

生理痛の重さがいつもと異なる場合は、病院へ行きましょう。

生理が始まるのは次の妊娠準備ができたサイン

Sponsored Link

産後の生理は、妊娠の準備ができたと言うサインです。

生理が再開しないからと言って妊娠しないわけではなく、

生理がこなくても妊娠してしまった人も中にはいます。

なので産後の生理再開前にも避妊をしましょう。

まとめ

出産後の生理再開について紹介しました。

生理の再開はいつなのだろうとドキドキしながら待つことになりますね。

授乳をしていると生理が遅れると言うことがわかりました。

再開される時期は人それぞれですが、

卒乳してから来るという人はたくさんいると思います。

前兆がなく突然くることがあるのでだいたいの時期を予想して準備しておくことが大切ですね。

Sponsored Link

おっぱいトラブル↓

乳腺炎の原因は食事やストレス以外にもある?予防法は何?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です