産後のうつ症状をセルフチェックする!特徴的な症状10項目

出産して体調が悪いなとか、

イライラするなと思ったことはありませんか。

このような自覚症状がある場合は、産後うつかもしれません。

産後うつは特別なものではありません。

産後の多くのママが多かれ少なかれ、あらわれる症状です。

Sponsored Link

今回は、『 産後のうつ症状をセルフチェックする!特徴的な症状10項目』

としまして、

産後うつになっていないかどうか

調べるためにいくつかのチェック項目を紹介します。

産後うつの症状に思い当たる人はセルフチェックを行ってみましょう。

産後のうつ症状をセルフチェックする!特徴的な症状10項目

3d60f4302a5107661cce7dd13c894eb7_s

産後うつってなに?

産後うつは出産から3ヶ月以内に発症して、

発症してから数ヶ月から1年ほど続くと言われています。

気分が落ち込んだり、不安だったり、睡眠障害、

食欲の減退、いらつき、胃腸の不快感、倦怠感などの症状があります。

鬱の症状を似ていますが、産後に発症した場合は、産後うつかもしれません。

産後うつのセルフチェック

産後うつの症状を10項目紹介します。
10項目のうち、5個以上当てはまった場合は、産後うつの可能性があります。

1、 気分が落ち込む
2、 寝付きが悪く眠りが浅い
3、 倦怠感がある
4、 イライラする
5、 よく泣いてしまう
6、 物事に集中できない
7、 食欲がない
8、 自分は母親失格だと思う
9、 子供を産まないほう(産まなければ)がよかった
10、 子供に愛情を持てない

あなたはいくつ当てはまりましたか。

症状が辛く、思うように育児や家事ができない場合は、

精神科に行って相談してみましょう。

10個すべて当てはまる場合は、産後うつの中でも重いので早めに精神科に行きましょう。

産後うつになる原因

産後うつは、ホルモンバランスや生活環境、

育児が思い通りにいかないことによって発症します。

妊娠中は女性ホルモンが活発に分泌されていますが、

産後は女性ホルモンの分泌が減ってしまい、

ホルモンバランスが乱れるので情緒不安定になります。

ホルモンバランスは、2週間程度で元に戻りますが、

精神的には不安でいっぱいだと思います。

24時間赤ちゃんと一緒の空間にいて、

夜中に授乳やオムツ替えなど睡眠不足になりますし、

赤ちゃんのことを考えると頻繁に外出もできないので気分が落ち込んでしまいます。

育児が思い通りにいかないこともあげられますよね。

うまくいかなかったり、失敗してしまったりで一生懸命なママさんはいつしか

「自分は向いていないのではないか」と自分を責めてしまいます。

始めての育児に関わらず、

2人目の出産であっても1人目と比べてうまくいかないなどと考え込んでしまうそうです。

産後うつを改善する方法

Sponsored Link

産後のうつが重い場合は病院に行った方がいいですが、

辛いときは、誰かに頼りましょう。

旦那さんや両親に預かってもらったり、身内に頼れない場合は、

預かり保育を利用したり、育児とはなれる時間を作れば気持ちも楽になると思います。

育児だけではなく家事もこなさなければなりませんよね。

そんなときはたまにはデリバリーを注文するのもいいと思います。

何でも頑張りすぎるとかえって悪化してしまいます。

すこし手を抜いてもいいやと言う気持ちで行いましょう。

うつのときは誰かに話を聞いてもらうだけでも気持ちが楽になりますよね。

友達でも家族でも誰かと話をするだけで気分が晴れます。気分転換してみましょう。

まとめ

産後うつの症状について紹介しました。

セルフチェックを行ったときに自分の症状を把握しておく必要があります。

そしてうつだとわかったら対処法を考える必要があります。

うつの症状が重いときは、病院に行ったり、家族にお願いして、

一人になれる時間を作るといいと思います。

そして大切なのは気持ちを楽にすることです。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です