乳歯の生え変わりの時期や順番を知って永久歯にそなえよう!

赤ちゃんに乳歯が生え始めると嬉しくなりますよね。

歯がなかった頃が懐かしく感じられます。

しかし、乳歯はいつ抜けてしまうのか。

永久歯との違いなどわからないことがたくさんありますよね。

Sponsored Link

今回は、『乳歯の生え変わりの時期や順番を知って永久歯にそなえよう!』

として、

乳歯の生え変わりの時期と順番や乳歯が抜けるのが早いことや遅いことをご紹介します。

乳歯の生え変わりの時期や順番を知って永久歯にそなえよう!

92d72c8aa46b15d774e26fe762697161_s

乳歯の生え始めはいつか?

乳歯が生え始めるのは生後6ヶ月から9ヶ月頃で、

前歯から順番に奥歯に向かって2歳6ヶ月頃には合計20本までになります。

生えてくる時期は人それぞれですが、3歳半までに生え揃うと言われています。

乳歯の生え変わり時期

子供のあごは成長するにつれて大きくなりますが、

歯は大きくなることはありません。

あごの骨が成長したときに歯とあごのバランスが崩れないために

乳歯から永久歯へと生え変わるのです。

永久歯が成長するのは生後3ヶ月頃からで

永久歯が大きくなると乳歯は短くなり自然と抜けていくのです。

乳歯から永久歯に生え変わるのに6歳前後から年ほどかかります。

乳歯の生え変わりの順番

乳歯の生え変わりの順番は人それぞれで、

「乳中切歯」と呼ばれる下の2本前歯から抜けます。

そして上の2本の前歯が抜けるのが一般的です。

幼稚園や保育園で乳歯が抜け始める子がほとんどです。

乳中切歯が抜けた後は、

「乳側切歯」と呼ばれる下の前歯の左右1本ずつで、

上の前歯も抜けます。

順番としては、前歯から奥歯に向かい、

そして下から上にと言うもので乳犬歯や第一乳臼歯、第二乳臼歯と抜けていくのです。

生え変わりの早い、遅い

一般的には、6歳前後で生え変わると言われています。

早い子では4〜5歳で歯が抜けそうになります。

抜ける時期は人それぞれなので4歳過ぎに乳歯が抜ける子もいますし、

小学生までに抜けない子もいます。

決して遅いと言うわけではないので心配しなくて大丈夫です。

youtube動画↑

なんだかゆっくり観ていられますねっ^^

乳歯と永久歯の違い

乳歯と永久歯の違いはいくつかあります。

乳歯の色は白く、永久歯は少し黄色いです。

乳歯の大きさや本数は赤ちゃんのあごにあった大きさで20本です。

永久歯は、28本生えて、親知らずの4本を入れると32本になります。

歯の質で比べると乳歯は歯の表面を覆っているものや

その内側にあるものが永久歯よりも薄く虫歯になりやすいそうです。

永久歯が生えるなら乳歯は虫歯になっても大丈夫か

Sponsored Link

乳歯は永久歯の生える方向を導いてくれます。

なので虫歯になって抜いてしまうと

永久歯はきちんと生えてこないので歯並びが悪くなります。

そうなると歯磨きがうまくできないので永久歯も虫歯になりやすくなるのです。

また、永久歯が生えたときに噛み合わせがよくなかったり、

正しい発音ができなかったりと言うこともあるので

乳歯のときから虫歯にならないように心がけましょう。

まとめ

乳歯から永久歯に生え変わる時期について紹介しました。

生え変わりの時期には個人差があるのであまり気にしなくてもいいそうです。

また順番については前歯から奥歯、

下から上と言う生え変わりなのでわかりやすいと思います。

乳歯の質状虫歯の進行が早いので

きちんと歯磨きをして虫歯予防をしましょう。

そして永久歯に生え変わってからも歯磨きはきちんとすることを心がけた方がいいですね。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です