赤ちゃんのよだれかぶれを馬油やワセリンで対策と防止しよう

赤ちゃんが指しゃぶりをするようになると

よだれがたくさん出ますよね。

よだれかけやガーゼがベタベタになるくらいです。

よだれがたくさん出ることで口の周りがかぶれてしまったり、

赤くなってしまうことがあります。

Sponsored Link

そんなよだれかぶれの対策や防止に便利なのが馬油やワセリンです。

今回は、『赤ちゃんのよだれかぶれを馬油やワセリンで対策と防止しよう!』

として、

よだれかぶれの防止方法や対策を紹介します。

赤ちゃんのよだれかぶれを馬油やワセリンで対策と防止しよう

193550スタイを選ぶのも楽しいデスっ♪

スタイって着けるだけで、

赤ちゃんのかわいさをよりUPしてくれますよね^^

youtube動画↑

スタイの手作りっていいですよねっ☆

よだれかぶれはいつからか

e33843265d29a440d9a7c923a4b86990_s

赤ちゃんのよだれが出始めるのは、

だいたい3ヶ月頃と言われています。

赤ちゃんは口を閉じることが難しいですし、

飲み込む力が弱いので口からよだれが出てしまうのです。

指しゃぶりをし始めるのも同じ頃で指シャブリをしているうちに

唾液が分泌されるので口の周りやあご、

そして首まで汚してしまうのです。

また、乳歯が生え始める6から7ヶ月になるともっとよだれが出てきます。

赤ちゃんの肌はデリケート、よだれかぶれ対策や防止方法とは

baby

赤ちゃんの皮膚は大人と比べて薄く、

日に当たったり、顔を擦るだけで赤くなってしまいます。

よだれが出てそのままにしてしまうと肌荒れになってしまいます。

よだれかぶれを防止するためには、

こまめに拭いてあげましょう。

デリケートなので水をつけて指で洗い流してあげることも大切です。

よだれをとるときは、

口の周りの他に、あごや顔全体、首の周りもきれいにしましょう。

よだれを拭いたら乾くまでそのままにしましょう。

乾いたら保湿も必要ですね。

保湿するときは、

肌荒れ用のベビーローションやワセリンを使うことをお勧めします。

塗るときは薄く伸ばして塗ってあげてください。

よだれが多くなってきたらよだれかけが必要になりますね。

よだれかぶれの防止に役立ちます。

よだれかけは肌に優しくて柔らかいものを選びましょう。

よだれかぶれのケア

Sponsored Link

よだれかぶれのケアをするときは、保湿が大切ですね。

保湿をするためにワセリンや馬油を使う人がいます。

【お得】ヴァセリン ペトロリュームジェリー(保湿クリーム)大(368g)【ヴァセリン(Vaseline)】[ヴァセリン 368g ペトロリュームジェリー ワセリン]

 

★うるおい作り応援特集〓ポイント3倍におわない馬油をお探しの方へ[ネオナチュラル馬油クリーム]国産馬油100%なのに無臭!【乾燥肌/センシティブ/保湿ケア】【RCP】

 

どちらも効果がありますが、

塗りすぎると刺激が強いと言われています。

乾燥しやすいのでこまめによだれを拭き取ってクリームでケアしてあげたいですね。

市販の薬を使用するのが不安の場合は、

小児科で診てもらい、専用の薬をもらいましょう。

保湿をするタイミングは、朝顔を洗ってあげたときや、

オムツを替えるとき、汗を書いて拭くとき、

母乳や離乳食をこぼしてしまったとき、沐浴の後、よだれを拭いた後などです。

よだれをふくときは、擦らずにポンポンと抑えながら拭いてあげるといいですよ。

乾燥しやすい時期は特に保湿を行いましょう。

保湿をしないと肌トラブルが起こってしまいます。

まとめ

赤ちゃんのよだれかぶれの対策や防止方法について紹介しました。

赤ちゃんのよだれは成長するにつれて増えていきます。

歯が生え始めた頃には口の周りがべたべたということがありますよね。

自分で飲み込む力が弱いのでよだれとして出てしまうのですが、

よだれは止められないので出て気になるようでしたら

こまめに拭くのが一番のよだれかぶれ防止方法になりますね。

赤ちゃんの肌を守るために専用クリームを使う事が大切です。

よだれかぶれでひりひりしないためにも保湿も欠かせないですね。

Sponsored Link

人気の記事です↓

子供がクループ症候群や気管支炎に!咳の症状や治療方法は?

絞扼性イレウスとは?症状や原因が知って正しい対策をしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です