赤ちゃんに靴下は不要!冬の室内や寝る時は履かないのがいい

寒くなってくると風邪を引かないか心配ですよね。

風邪予防として温かい部屋で厚着をさせて、

靴下もはかせますよね。

Sponsored Link

赤ちゃんの手足を触ってみるとひんやりとしています。

手足が冷たいと風邪を引いてしまうと思い靴下をはかせてしまうでしょう。

しかし、赤ちゃんはお部屋の中で靴下をはかせてはならないのです。

また、寝るときにも寒さ対策で靴下をはかせる必要はありません。

今回は、『赤ちゃんに靴下は不要!冬の室内や寝る時は履かないのがいい!』

として、

冬の季節に室内や部屋で起きているときや寝るときに

靴下をはかせない方がいい理由を紹介します。

赤ちゃんに靴下は不要!冬の室内や寝る時は履かないのがいい!

b6e2419715b229846b75347dab5495c0_s

ついついかわいい靴下をプレゼントいていただくと、

履かせたくてウズウズしちゃいますよね^^

赤ちゃんは室内では靴下は必要なし

赤ちゃんの手足はひんやりしていますよね。

一見寒いのかなと思うかもしれませんが、体は温かいです。

この状態は、赤ちゃんにとって普通と言われています。

赤ちゃんは体温調整が上手にできないので周りの気温に体温が左右されやすいのです。

赤ちゃんは手足で体温調節を行っていて、

熱さを放熱しているのです。なので体が温かければ心配ありません。

もし冷たい場合は、少し厚着をさせましょう。

汗をかいているようでしたら少し薄着にしてあげましょう。

また、冬の時期に靴下をはかせる必要がないもうひとつの理由は、

赤ちゃんがタッチやあんよができるようになったり、

もう少し大きくなると歩き回ったり、走ったりします。

そのときに滑って転んでしまうなどけがにつながってしまうからです。

寝るときも靴下はいらない?

↑youtube動画

いざ、履かせるとき赤ちゃんが嫌がって履かせづらいですよねっ^^;

寝るときも同じです。部屋で布団や毛布をかけていれば

靴下ははく必要はありません。

大人もそうですが、赤ちゃんも寝ているときに汗をかいてしまいます。

体だけではなく足も汗をかいているのです。

そして熱も放出しています。

なので靴下をはかせたままにすると熱を放出できなくなってしまいます。

背中や膝などが温かければ心配いりません。

体が冷えているときは、毛布をかけて温めてあげましょう。

赤ちゃんは、大人よりも1枚少なめにすることを心がけましょう。

外出のときは靴下をはかせるべきか

Sponsored Link

室内のときは、靴下ははかせない方がいいと言いますが、

外出するときははかせましょう。

だんだん温かくなってきたらはかなくても良さそうですが、

冬の外はとても冷えているので体も冷えてしまいます。

外出の際は、靴下の他に、帽子やブランケットを用意して防寒対策をしましょう。

靴下の他にレッグウォーマーをはかせている人がいます。

寒い時期の外でも室内でもはかせられるので便利です。

足は出ているので滑りませんし、

靴下と合わせることもできるので使えると思います。

タイツと違ってオムツ替えのときに毎回脱がせる必要がないので使いやすいです。

まとめ

冬の時期に赤ちゃんに靴下をはかせた方がいいのかと言うことを紹介しました。

赤ちゃんは手足で熱を放出し、

体温調節をしていることがわかりましたね。

服を着せるときに大人よりも1枚少なめで着せましょうとよく言われます。

赤ちゃんが冬の間でも快適に過ごせるようにするためには、

暑くもなく、寒くもない部屋の温度や服装を心がけるべきですね。

靴下をはかせるときは、外出の際にレッグウォーマと一緒にはくことをお勧めします。

Sponsored Link

赤ちゃん関連の人気記事↓

赤ちゃんのよだれかぶれを馬油やワセリンで対策と防止しよう

赤ちゃんのうつぶせ寝いつから大丈夫?メリットとデメリット

赤ちゃんには絵本がおすすめ!大切なことを教えてくれる5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です