【マタニティーブルー】妊娠中や産前・産後で症状が違う?

気分が落ち込んだり、やる気が出なかったり、

出産や育児に対して不安になることがありますよね。

それは「マタニティーブルー」と言って

妊娠初期と後期に起こりやすいです。

人によっては、産前や産後にうつの症状が出る人もいるそうです。

Sponsored Link

今回は『【マタニティーブルー】妊娠中や産前・産後で症状が違う?』

として、

妊娠中のマタニティーブルーや産前、

産後のうつ症状の原因と改善方法について紹介します。

【マタニティーブルー】妊娠中や産前・産後で症状が違う?

f4752f1bee00f7f09dfeeb79b1076862_s

妊娠中の悩みは、決してあなただけ経験するものではありません。

悩むのが普通なんです。

誰もが不安になる時期なので、大丈夫ですよッ

マタニティーブルーって何?

マタニティーブルーとは、妊娠初期と後期に発症し、

気分が落ち込んだりすることや、食欲の減退、

イライラしてしまう、理由も無くないてしまう。

元気な子が生まれるのか。

子育てはきちんとできるのかなど症状があります。

性格が明るい人でも発症することがあるそうです。

精神的に不安定になるとうつの症状が出てしまいます。

マタニティーブルーの原因

↑youtube 音楽を聴いてリラックスもいいですねっ

せっかく聴くなら、赤ちゃんにもいいものが嬉しいですよね♪

マタニティーブルーの原因は、いくつかあります。

1つ目は、ホルモンバランスが乱れていることです。

妊娠中は、プロゲステロンと言う黄体ホルモンの分泌が活性化されます。

この老いたいホルモンは、流産をふせいでくれます。

しかし、増え過ぎるとイライラしてしまうそうです。

2つ目は、ストレスです。妊娠中は控えるものがたくさんありますよね、

しかし、我慢することが多いとストレスが溜まってしまいます。

お腹が大きくなると動くことも制限されます。

靴下をはくことができなかったり、階段を下りるのが辛かったり、

下に落ちたものを拾えなかったりすることでストレスを感じてしまうこともあるのです。

3つ目は、プレッシャーです。

元気な赤ちゃんを産めるかなとか、

よい母親になれるのかなどプレッシャーを感じてしまいます。

「育児をしながら家事もきちんとやらなければならない」と

自分自身にプレッシャーをかけてしまうのです。

マタニティーブルーや産前、産後うつの改善方法

Sponsored Link

赤ちゃんのためにいろいろと我慢していることが多いですよね。

頑張る自分にちょっとしたご褒美をあげましょう。

例えば、食べたいものを食べたり、ゆったりと過ごすなど方法はたくさんあります。

育児は不安がいっぱいありますよね。

不安な気持ちを誰かに話すだけで気持ちが楽になります。

出産経験のある人や子育て中の人に相談してみるのもいいですね。

体を動かしてリフレッシュすることも大切です。

安定期に入るまで運動は禁止ですが、軽く散歩をするだけでも気分が変わります。

休めるときに休むことも大切です。

頑張りすぎるとストレスに感じます。

赤ちゃんの昼寝の時間に一緒に寝るなど休めるときに休みましょう。

悩んだときは、助産師に相談しましょう。

専門家に聞くことで不安がなくなると思います。

産後のうつについて旦那さんに知っておいてもらう必要があります。

どうしてそんなにイライラしているのか理解できないかもしれません。

そんなときに知っておくことで何かできることが見つかると思います。

まとめ

マタニティーブルーや産前産後のうつについて紹介しました。

原因は様々ですが乗り切るためには、

誰かに相談することや休む時間を作ることです。

旦那さんにうつのことを理解してもらいフォローしてもらうことも大切です。

頑張りすぎずに自分のことをほめてあげると少しは楽になると思います。

Sponsored Link

妊婦さんに人気の記事☆↓

妊婦が風邪で咳がひどい時の治し方&発熱で胎児に影響は?

育児ノイローゼ?症状をチェックして早くスッキリしよう!

妊婦が食事で食べてはいけないものとは?注意すべきリスト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です