左利きの子供を無理に矯正すると悪影響や脳の障害がでる?

左利きの人は、

子供の頃に右利きに矯正されたことはありませんか。

ほとんどの人が右利きで左利きの人は珍しいですよね。

左利きの子供に対して無理に右利きに矯正しようとすると

脳に障害が出て悪影響を及ぼすそうです。

Sponsored Link

今回は、

『左利きの子供を無理に矯正すると悪影響や脳の障害がでる?』

として、

左利きの子供を無理に矯正することで起こってしまう

脳の障害や悪影響についてご紹介します。

左利きの子供を無理に矯正すると悪影響や脳の障害がでる?

Print

左利きに憧れている人も多いですよね!

知的に見えます^^

無理に矯正すると脳に障害が出る理由

左利きの子供を無理に右利きにしようとすると

障害が出ると言う話を聞いたことはありませんか。

障害が出てしまう理由は、

自分の使いにくい手の方を無理矢理使わされると言う

ストレスから障害が出てしまうそうです。

矯正を受けたすべての人が障害が出たわけではありませんが、

右手を使用するようになってから勉強の遅れが出るようになったという人もいます。

矯正することによって起こる障害とは

ほとんどの人が右利きなので

幼稚園や小学校に入学したときに不便にならないように

左利きを矯正したいと考える親がいますよね。

この頃は、体と脳の成長が活発なので

使いやすい左手を使うと怒られたり、

普段慣れていない右手を使うことで過度のストレスを

感じ自分の気持ちをうまく伝えられない言語障害を発症する人がいます。

左利きから右利きに直したところで

聞き手は左と言うことを脳は覚えています。

なので覚えている左右ことに関してもどちらかわからなくなってしまいます。

向かい合ったときに自分と相手で聞き手が鏡合わせになったり

逆だったりと混乱してしまいますし、使いやすい手はどちらのかもわからなくなります。

他には、夜尿症になってしまう人もいます。

子供がおねしょをしてしまうのは、日中に受けたストレスが原因だと言います。

左利きの人は右脳の働きが活発なので計算が得意な人が多いです。

矯正をして左脳がよく使われるようになると時間がかかる計算ができなくなってしまいます。

無理に直す必要は無い

↑youtube動画

左利きではいけないと言われることは、

子供にとってコンプレックスになってしまいます。

使いやすい方で行ったときに否定されると自分自身が否定されているように感じるのです。

左利きを右利きにするのに時間がかかってしまったときに

怒ると子供の自信を喪失させてしまいます。

そうなることで親子関係も悪くなりますし、子供にとってもよくありません。

Sponsored Link

もし右利きに矯正しようとする場合は、

無理にしようとはせずに少しずつ右手で使うようにすればストレスにもなりませんし、

自分から右手で何かをしようと思うのです。

矯正する場合も楽しく行うことが大切ですね。

中には、

両効きの人がいて箸を使うのは左で書くときに使うのは右と使い分けている人もいます。

器用ですよねっ

まとめ

左利きの子供の矯正について紹介しました。

無理に矯正しようとするとストレスで脳に障害が出ますし、

自信喪失にもつながります。

その子の個性だと考えて見守ってあげることも大切です。

左利きのいいところは、

右脳が活発に働くので計算をすることが得意な人が多いそうです。

中には、両効きの人もいます。

自分の使いやすい効き手を使うこともいいことだと思います。

矯正は無理にせず必要になったときに少しずつ行いましょう。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です