妊婦が風邪で咳がひどい時の治し方&発熱で胎児に影響は?

妊婦さんが風邪を引いてしまうと大変なのが熱と咳です。

咳が止まらないので嫌な思いをした人がたくさんいるでしょう。

わたしは、肋骨にヒビが入り大変な思いをしました。。

そして心配なのが風邪を引いて咳が止まらないことで

胎児にも影響が出てしまわないかです。

Sponsored Link

今回は、『妊婦が風邪で咳がひどい時の治し方&発熱で胎児に影響は?』

として、

妊婦が風邪を引いて熱や咳が止まらないときの治し方や

対策についてや胎児への影響について紹介します。

妊婦が風邪で咳がひどい時の治し方&発熱で胎児に影響は?

171601

妊婦中には不安なことが多く起こります。

ただ、対処方法を知っていれば余計な心配をしなくてすみます。

妊婦の風邪とは

妊婦さんは風邪を引きやすいといわれています。

胎児は父親のDNAも入っているので妊婦さんの体は

「異物」と認識してしまいます。

そうすると免疫力で追い出そうとするので

早産や流産になってしまう可能性があるので免疫力を落とし、

風邪のウィルスに弱くなってしまい風邪を引きやすくなるのです。

他には、妊娠中は胎児がお腹にいるため激しい運動ができませんよね。

そして運動不足により血行が悪くなり冷え性になってしまい風邪が引きやすいのです。

最後に栄養不足です。胎児に栄養が摂られますし、

妊婦さん自身が栄養のあるものを食べていないと免疫力が下がってしまいます。

中でもビタミンCは欠かせませんよ。

止まらない咳が続くとどうなる?

↑youtube動画 美味しそうです^^ 咳が止まるなら味も大事ですよね☆

妊婦さんが風邪で咳が止まらない状態はよくありません。

お腹に圧力が胎児にかかるので早産や流産の恐れがあります。

また産まれても奇形児や障害がある場合もあります。

止まらない咳が続くことで胎児に酸素が送られずに悪影響が出てしまいます。

また腹圧もかけすぎると子宮頸部が短くなってしまいます。

子宮頸部が短くなってしまった人の中には入院した人もいるのです。

止まらない咳を治すためには、生姜湯を飲んだり、蜂蜜をなめること、

睡眠をしっかり摂ることが大切です。

生姜は止まらない咳を治す他に、

喉の痛みや炎症を抑えてくれます。

生姜湯だけでは飲みにくい方は、蜂蜜をいれて飲むといいですよ。

寝不足は体に悪いので睡眠はしっかり摂りましょう。

風邪を治す方法と対策とは

Sponsored Link

妊娠中は薬を飲むことは難しいですよね。

そんなときにおすすめの方法があります。

それは、紅茶うがいやバナナを食べること、

首元を温めることです。

紅茶には殺菌作用の成分があり、

インフルエンザ菌も倒すと言われています。

温かい紅茶でうがいすると痰が出やすいですし、喉にも優しいのでおすすめです。

バナナは、ビタミンCが含まれているので免疫力が上がります。

消化にいいですし、食欲のないときも食べやすいです。

風邪を引くと熱が出ることもありますよね。

そんなときは肉類を食べると熱が上がってしまうので控えましょう。

他には、タートルネックやマフラーで首元を温める方法があります。

首元を温めることで体温が上がり、免疫力も上がります。

対策はいろいろとありますよ。

ご自分にあったものを見つけて乗り切りましょう!

まとめ

妊婦の止まらない風邪が胎児に影響する理由などを紹介しました。

風邪を引いてしまったら辛いですよね。

薬を処方してもらえない場合もあるので風邪を引かないように予防しましょう。

胎児のためにも免疫力が下がらないように心がけるべきですね。

咳以外にも風邪の症状には生姜湯が効果的です。

体を温めてくれるので冷え性になりやすい人は

日頃から生姜湯を飲んでおくことをお勧めします。

Sponsored Link

妊婦さんがよく見る記事↓

妊娠中や授乳中のパーマやカラーは胎児や赤ちゃんに影響が?

妊娠中のストレスは胎児に影響ある?仕事や夫婦喧嘩も危険?

妊婦が食事で食べてはいけないものとは?注意すべきリスト

妊婦のカフェイン摂取はなぜだめなの?特に妊娠初期は怖い

育児ノイローゼ?症状をチェックして早くスッキリしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です