【予防接種】水疱瘡ワクチンの必要性と副作用&初期症状は?

子供の病気で心配なのが水疱瘡です。

水疱瘡の予防接種は2014年10月から定期接種となりました。

ワクチンを接種したところで心配なのが副反応です。

副反応はどのような症状が現れるのでしょうか。

Sponsored Link

今回は、『【予防接種】水疱瘡ワクチンの必要性と副作用&初期症状は?』

として、

水疱瘡になったときにでる熱や鼻水などの初期症状や

ワクチンを接種する必要性などを紹介します。

【予防接種】水疱瘡ワクチンの必要性と副作用&初期症状は?

282898

水疱瘡にかかると見た目でもハッキリわかるので、

辛そうでかわいそうですよね、、

水疱瘡の予防接種の症状

水疱瘡のワクチンを接種してから1〜3週間後に

まれに熱や発疹が出ることがあります。

これらは数日で治まります。

また、ワクチンを打ったところが腫れたり、

皮膚が固くなる症状が出ることもあるのです。

どの予防接種も接種してから30分いないに熱が出たり、

顔や足が腫れる、咳や蕁麻疹、顔色が悪かったりぐったりしている、

呼吸困難などのショック症状が出ることがあります。

副反応とは

261660

ワクチンを接種して気になるのが副反応です。

熱や発疹は軽い症状なので何日か経てば治ります。

ワクチンを打ったところが腫れたりすることも自然に治まるものですが、

腫れがひどい場合や、かゆみがありかきむしってしまう場合は、

翌日に病院に行くことをお勧めします。

子供の期限が悪いときや高熱が出たり症状がひどい場合も病院へ行きましょう。

また、水疱瘡のような水疱が出る場合もあります。

そのときはつぶさないようにしましょう。つぶしてしまうと跡が残ってしまいます。

水疱瘡の特徴と初期症状

e33843265d29a440d9a7c923a4b86990_s

子供がなる水疱瘡は、水痘・帯状疱疹ウィルスが原因です。

水疱瘡になると2〜3mmくらいの赤い発疹がでます。

始めは1〜2個だった発疹がお腹や胸、背中など全身に広がります。

そしてその発疹はとてもかゆいそうです。

そして少しずつ発疹からぷっくりとした水疱へと変化します。

3日ほど経つとかさぶたになるそうです。

水疱瘡のときは初期症状として高熱が出ます。

高熱が出る理由は、

ウィルスや細菌の増殖を抑えながら白血球の働きを助けているからです。

水疱瘡のときの発熱は、39度程度のもので2〜3日ほど続きます。

発熱と一緒に発疹が出ると言われています。

他には鼻水が出るので風邪と同じような症状だと言われます。

子供がかゆがって機嫌が悪くなるので、

発疹が治まるまではママさんは付きっきりなので疲れてしまいますね。

ワクチン接種の必要性とは

Sponsored Link

水疱瘡は軽い病気と思われがちですが、

まれに合併症をひきおこします。

この病気は10歳までにほとんどの子がかかる病気です。

中でも3歳から7歳ぐらいのうちにかかりやすいと言われます。

また、感染しやすい病気です。

なので保育園や幼稚園に通っている場合は完治するまで登園できません。

子供がかかってしまったら親も予防接種を行いましょう。

大人になってから感染してしまうと症状が重くなります。

大人になってからの水疱瘡は危険で高熱が出たり、肺炎になることもあるのです。

まとめ

水疱瘡のワクチンの副反応や水疱瘡の症状などを紹介しました。

水疱瘡になると発疹が出てかゆくなるとありましたね。

子供でも大人でもかゆいところは欠いてしまいます。

かくのを我慢できるようにまた、

手袋などをはめてかけないようにするなどの工夫が必要になりそうです。

ワクチン接種については副反応が出ることを心配する人も多いですが、

水疱瘡になったときに合併症を起こすかもしれないと言われるのも不安ですよね。

予防接種を受けるか受けないかをじっくり考えましょう。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です