【予防接種】日本脳炎ワクチンの時期や間隔・回数・追加・2期

予防接種にはたくさん種類がありますよね。

あなたは日本脳炎と言う病気を知っていますか。

『日本脳炎』とは蚊によって媒介してしまう病気です。

日本では日本脳炎の予防接種をすることで感染する人が抑えられるので

日本脳炎について知らない人もいると思います。

Sponsored Link

今回は、

『【予防接種】日本脳炎ワクチンの時期や間隔・回数・追加・2期』

として、

日本脳炎ワクチンの時期や間隔、回数、追加や2期について紹介します。

【予防接種】日本脳炎ワクチンの時期や間隔・回数・追加・2期

889652c88414d989b7da9fdf033b50c1_s

予防接種の種類が多くて頭がパンクしそうですが、

順々に進めば大丈夫ですよッ

ほとんどのママが同じ経験してます^^

日本脳炎って何?

Print

日本脳炎は、

「コダカアカイエカ」などの蚊によって媒体される

日本脳炎ウィルスが原因の病気です。

このウィルスは、豚の体内で増えます。

豚の血を吸った蚊が人の血を吸うことで感染してしまうのです。

なので人から感染することはありません。

また、日本脳炎ウィルスに感染した人を刺した蚊から感染することもないのです。

そして日本脳炎に感染した人のすべてが発症する訳ではありません。

症状が出ないので中には、感染していることに気がついていない人もたくさんいます。

日本脳炎の症状とは

日本脳炎の潜伏期間は6〜18日間と言われています。

症状は、発症するとまず、38〜40度の高熱や頭痛、嘔吐、

めまいなどをしてしまいます。

子供の場合は、腹痛や下痢をしてしまうこともあります。

これらの症状が出たのちに光に対して敏感になることや

意識がなくなる。表情がなくなる。筋肉がなくなったり。

手足が動かなくなる、けいれんを起こすこともあるのです。

予防接種はいつ受けるといいのか

日本脳炎を予防するためには予防接種をした方がいいです。

ワクチンを接種することで75〜95%にまででへらせるのです。

このワクチンは、定期接種として無料で受けられます。

接種する時期は第1期と第2期があります。

第1期は3歳になってから行います。

1回目のワクチンを接種して6日から28日開けてから2回目を接種しましょう。

そして追加接種として2回目の予防接種から約1年あけてから行います。

第2期は小学校3年生で行います。

9歳から10歳で1回行う必要があります。

第1期と第2期を合わせると4回予防接種することになります。

心配される副反応

日本脳炎ワクチンの副反応は、

注射したところが赤くなったり、少し腫れたりしてしまいます。

熱や咳、鼻水も出ることがあるのです。

悪いときには、ぐったりしたり、

顔色が悪くなるなどの症状やけいれんを起こすこともあるそうです。

なので副反応は恐れられています。

日本肺炎を発症する方が怖い

Sponsored Link

日本で日本脳炎を発症する人は少ないですが、

もし発症してしまった場合志望するリスクは20〜40%と言われています。

治療薬はないですし、後遺症が残る可能性もあるそうです。

まとめ

日本脳炎のワクチン接種の回数や時期を紹介しました。

副反応や症状なども見てみましたが、

病気になってしまうのもいやですよね。

3歳から予防接種を受けられるので

受けられるときに予防接種を受けておきましょう。

また第2期は小学校を通っているときなので

受けられるときに受けておいた方がいいと思います。

日本脳炎を発症する人は少ないと言われています。

予防接種をきちんと受けているからだと思います。

予防接種を受けるのに抵抗はあると思いますが、

発症しないためにも受けることが大切です。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です