小児喘息の症状はいつから?予防や原因&治療方法を知りたい

子供が咳をし始めて風邪かと思っていたら、

ゼーゼーして胸が苦しそうだった。

と言う症状がある場合は小児喘息かもしれません。

小児喘息は何が原因で起こるのか?

Sponsored Link

今回は、

『小児喘息の症状はいつから?予防や原因&治療方法を知りたい』

として、

喘息になったときの治療法や喘息にならないための予防方法を紹介します。

小児喘息の症状はいつから?予防や原因&治療方法を知りたい

261659

小児喘息って何?

小児喘息とは、気管支が炎症を起こし、

狭くなることで粘膜がむくみ、器官が狭くなります。

痰が増加することで呼吸がしづらくなり、

ぜんめいと言うゼーゼーしたり、

ヒューヒューと言う音が聞こえます。

そして呼吸困難になってしまうと言う病気です。

喘息は咳喘息と違い、ゼーゼーしたり、ヒューヒューと言う音が出ます。

一方咳喘息は、音ははっきりと聞こえませんが、咳だけが起こります。

喘息は赤ちゃんの頃から発症します。

一般的には、2歳までに60%、6歳までに90%のこどもが

発症するされています。

年齢とともに改善されますが、15歳頃以降まで治らない場合は、

治りにくくて大人になっても喘息の症状に悩まされるようです。

小児喘息の症状

↑youtube  アレルギー喘息 より

小児喘息は発作の症状によって分けられます。

小発作

小発作は呼吸困難はそんなに起こらないですし、

食べたり眠ったりできます。

中発作

中発作は、ゼーゼー、ヒューヒューなどの音がはっきりと眠っていても

夜に目を覚ますことがあり、食欲もなくなることがあります。

そして大発作は、呼吸困難になることが多く、

日常生活が送れないこともあります。

苦しくて眠れなかったり、食欲がなくなるそうです。

小児喘息の原因とは

9ba56d728e83e4e5948d835a0f39570d_s

小児喘息の原因は、アレルギーによるものや遺伝子、

環境中のアレルゲンなどがあります。

アレルギー体質や遺伝子による小児喘息は、

家族や兄弟に喘息持ちの人がいると発症しやすいと言われています。

また、アトピー性皮膚炎の子供も喘息になりやすいです。

環境中のアレルゲンについては、

原因となる(アレルゲン)物質に触れることで喘息を発症します。

室内では、ダニや埃、カビ、食べ物、ペットの毛などです。

屋外では花粉や昆虫などあげられます。

ダニなどのアレルゲンが体に入りもむと炎症細胞が活発になり、

気管支で発作が起きてしまいます。

炎症細胞が気管支を何度も攻撃することで気管支を刺激してしまい、

喘息症状が出てしまうのです。

アレルギー以外の原因としては、

ウィルス感染や大気汚染、喫煙者がいる環境、

運動、ストレス、気候などでも喘息を発症してしまうのです。

治療法とは

4e0663dd1d0d5c3eb7be40d8b16b72ce_s

喘息の治療法は、環境整備と薬による治療法です。

気管支を刺激するダニや埃を吸い続けることで

気管支の粘膜は傷ついてしまいます。

そこにたくさんの埃やダニが入ると発作を起こしてしまいます。

部屋をきれいにし、埃やダニが少ない環境にしましょう。

気管支を刺激するものを使わないこともあげられます。

タバコや花火、化粧品や殺虫剤なども化学物質などです。

薬による治療法は、抗アレルギー剤を使用したり、

気管支拡張薬で気管支を広げたり、喘息の症状を抑えてくれます。

バランスのとれた食事を心がけることで皮膚が鍛えられ

自律神経のバランスや機能を高めることができます。

そして喘息の症状を緩和します。

まとめ

小児喘息について紹介しました。

喘息の症状は辛いですよね。

咳が止まらなくて呼吸困難になるのは恐ろしいことです。

埃やダニ、タバコの煙でも喘息を引き起こしてしまうのは困りますね。

喘息を発症しないためにも部屋の中の空気はきれいな必要がありますね。

こまめに掃除しておけば家の中で、喘息で苦しまなくてすみますね。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です