子供の発達障害の症状や特徴を詳しく知るチェックリスト!

ふとした仕草などで、

自分の子供が発達障害なのではないか?

と、心配になる親御さんが多いと思います。

発達障害はたくさんの症状や特徴があります。

治療をするためにも早い段階で見つけたいですよね。

そんなときに子供が見せるサインを見逃さないことが大切です。

Sponsored Link

今回は、

『子供の発達障害の症状や特徴を詳しく知るチェックリスト!』

として、

子供の発達障害の特徴や症状についてチェックする項目を紹介します。

子供の発達障害の症状や特徴を詳しく知るチェックリスト!

4d2893f9e732226f96ff0ccb1627869f_s

発達障害って何?

発達障害とは子供が発達していく過程で

問題が生じていくことを言います。

理解や行動する行程に問題があり、

生活や学生上に問題が生じているとも言われています。

発達障害かなと思ったら

子供の発達障害を知らせるサインはほかの子供と比べたときにわかります。

ほかのこと比べてちょっと違うなと感じたら小児発達専門医に見てもらいましょう。

発達障害に関わらず、

子供の精神や行動に問題が生じてしまう理由があります。

それは、遺伝子や出生前の環境による素質や両

親との関わり、生後の発育環境、

学校や地域等の集団生活での社会との関係、

そして社会的成熟とトラウマです。

発達障害をチェックしてみよう。

↑youtube 小児期「ADHDの正しい理解のために」 より

 

発達障害は出てくる特徴や症状によって異なります。

3歳から4歳によく見られる症状を紹介します。


3歳までに意味のある言葉を発しなかったり、

名前を呼んでも反応しない、

感情表現が乏しい、

目を合わせない、

じっとすることができない、

集団行動ができない、

同じ行動ばかりする、何か強いこだわりがある等です。

発達障害の特徴としてあげられるのが、

普段から目を合わせてくれない、

会話が成立しない、ほかの子と一緒に遊ばないということです。

軽い症状だと治すことができます。

発達障害の種類

Sponsored Link

発達障害にはいくつか種類があります。

広汎性発達障害、

学習障害、

多動性障害、

アスペルガー症候群です。

広汎性発達障害

広汎性障害は社会性に関る発達障害で特定の音や味、

視覚情報を忌避する症状や触れられるのが嫌がったりする症状があります。

学習障害

学習障害は、特定分野について習得するのが難しい障害です。

話す、聞く、書く、読む、計算するなど

通常通りにできないことがある場合は学習障害と言われています。

多動性障害

多動性障害とは、注意力がなく、衝動的な行動が多いと言われています。

例えば、授業中に座っていられなかったりと注意力や集中力が減っていると

多動性障害の可能性があります。

アスペルガー症候群

アスペルガー症候群は、

広汎発達性障害野中で社会的障害である自閉症との関わりがあり、

発達性障害でも知的障害を伴わないものです。

他人の感情を理解するのが難しかったり、

こだわりがあるなどの特徴があります。

優れた才能がありますが、友達とスムーズにコミュニケーションができないこともあるのです。

まとめ

子供の発達障害の症状や特徴についてまとめました。

発達障害の原因は、脳機能の障害と言われています。

親のしつけが悪いとか、精神疾患でもないのです。

見たり聞いたりしたことを理解し、

記憶したりする脳の機能のことを認知機能と言います。

発達障害がある子供は、認知機能に偏りがあると言われているのです。

発達障害かなと思ったら小児発達専門医に相談してみるのもいいかもしれません。

早期発見、早期治療を行いましょう。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です