妊娠初期症状でおりもの黄色の色や粘りが気になる。大丈夫?

>>赤ちゃん思いの妊娠中のママたちが大注目の葉酸サプリはこちらから<<

いつもと何かが違うと思っていたら

妊娠していたと気づく人が多いですよね。

そんな時に妊娠初期症状にどんなものがあるのか理解しておく必要があります。

初期症状としてあげられるのは、

胸が張っていたくなったり、体にだるさや眠気を感じる、

おりものの色が黄色だったり、

粘り気があるなどの変化など普段とは違う症状が出ます。

Sponsored Link

今回は、

『妊娠初期症状でおりもの黄色の色や粘りが気になる。大丈夫?』

として、

妊娠初期症状の中でもおりものの黄色い色や粘りについて説明します。

妊娠初期症状でおりもの黄色の色や粘りが気になる。大丈夫?

c406109b82932d1027bd62a3d844a2b8_s

おりものが黄色で粘り気がある場合

おりものは妊娠をするために必要なもので

膣内は不衛生な汚れがたまると受精することができません。

おりものはそれを改善して膣内の汚れを取ってくれるのです。

排卵期にはおりものが黄色くて粘り気があり、

量が減ると言われています。

排卵期がくる前は色が透明や白がほとんどで量も多いと言います。

これは妊娠初期症状と似ています。

妊娠初期症状のおりものの色は透明や白、黄色、茶色です。

排卵期になると黄色く粘り気があるものがたくさん出ます。

排卵期が終わってからも黄色く粘り気があるおりものが出た場合は、

妊娠初期症状だと考えてもいいでしょう。

妊娠初期症状のおりものとは

妊娠すると体に変化がありますが、

初期症状ではおりもので妊娠しているかわかるという人も多いのです。

確認するときは生理予定日の一週間前から見てみましょう。

妊娠初期症状のおりものは、生理のときも透明や白いものだったり、

排卵期が終わってからも黄色く粘りがあるもの、

茶色いものが出る、水っぽくサラサラしているもの、

そしてにおいは無臭であるものがあげられます。

妊娠初期症状でおりものが変化する理由は

黄体ホルモンが関っているのです。

黄体ホルモンは妊婦さんが赤ちゃんを育てるために

分泌する成分でこの成分によりおりものが変化し粘り気が消えるといいます。

さらさらとしたおりものが出ることは妊娠の兆候といわれています。

受精した卵子が子宮に着床したことで着床日付近に量が増えるからです。

妊娠初期症状か見極めるために

Sponsored Link

おりものの変化は妊娠初期症状の一つですが、

いつもと違うおりものが出た場合は、病気の可能性もあります。

普段からおりものの状態を見る必要があります。

妊娠初期症状かどうかか見極めるほかに、

病気になっていないかも見る必要があります。

パンティーライナーやトイレットペーパーについたものをよく見ておきましょう。

サラサーティ 2枚重ねのめくれるシート 36組[ケンコーコム サラサーティ 生理用品 おりものシート パンティーライナー]

 

また、妊娠による女性ホルモンの分泌の影響でおりものの量が増えます。

おりものの量が多いときは下着をこまめに取り替えたり、

パンティーライナーを使用して清潔な状態にしましょう。

おりものに膿が混じっていたり、強いにおいやかゆみがある場合は、

膣炎や外陰炎の可能性があるので産婦人科で見てもらいましょう。

>>赤ちゃん思いの妊娠中のママたちが大注目の葉酸サプリはこちらから<<

まとめ

妊娠初期症状の一つとしておりものの変化についてまとめました。

普段と違うおりものなので妊娠しているかもしれないと気づくでしょう。

時期によっておりものの色や粘りが異なるので調べてみてもいいと思います。

妊娠初期症状だと判断するのにパンティーライナーや

トイレットペーパーについたおりものを見てみることをお勧めします。

妊娠初期症状についても調べておくのもいいですね。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です