妊娠中に刺身や寿司が食べたくなる!生ものはどこまでOK?

妊娠中は何かと制限されますよね。

その理由は、妊娠初期に様々な症状が出るからです。

なので激しい運動やスポーツを控えたり、

安静にしてストレスをためないようにと言われると思います。

その中でも食べ物の制限は困りますよね。

寿司や刺身は食べてはいけないといいますが、

お祝いの席などに寿司や刺身が出てきたら妊婦さんは我慢しなければなりません。

我慢が続くとストレスの原因になってしまいます。

Sponsored Link

今回は、

『妊娠中に刺身や寿司が食べたくなる!生ものはどこまでOK?』

として、

妊娠中に寿司や刺身を食べては行けない理由と

生ものはどこまで食べられるのかを紹介します。

妊娠中に刺身や寿司が食べたくなる!生ものはどこまでOK?

82fb006671127e16362eab0371a51aa4_s

妊娠中に寿司を食べては行けない理由とは

妊娠中に寿司や刺身を食べては行けない理由は

食中毒が関係しているからです。

寿司のネタのほとんどが生の魚を使用して最近が含まれているもので、

なかでもリフテリア菌は激しい食中毒を引き起こします。

妊婦さんが食中毒になると大きな影響を及ぼします。

妊娠中は免疫力が低下しています。

免疫力が低下することで普段は問題ない食べ物に食中毒を起こすのです。

生魚についているリフテリア菌は日本ではほとんど発症しない食中毒と言われています。

しかし、食中毒になってしまうと母体の他に胎児にも影響を及ぼしますので

妊娠中はお寿司や刺身を食べてはいけないと言うのです。

妊婦が食中毒になっても治療ができない。

食中毒は夏の時期だけ気をつけるのではなくお寿司や刺身の場合は

1年中気をつけなければなりません。

寄生虫やウィルスによるものは、嘔吐や高熱、下痢などの症状が出ますが、

妊婦が食中毒や寄生虫に対して処置ができません。

通常は、抗生剤を投与する治療をしますが、

妊娠2ヶ月目から出産直前までは薬に対して過敏期が続いているので

強力な抗生剤を使うと胎児に影響が出てしまいます。

妊婦さんが熱を出して羊水の温度も上がったり、

嘔吐や下痢で体内の水分が少なくなってしまうと羊水も十分な量を

確保できなくなってしまいます。

なので食中毒にならないためにも控えるべきです。

食中毒の他に、水銀が含まれていることも理由に挙げられます。

妊婦さんがそれを食べることで赤ちゃんに影響を及ぼします。

胎児が水銀を摂ってしまうと生後1000分の1秒以下で

音に対する反応が遅れると言われています。

どうしても寿司や刺身が食べたい場合

Sponsored Link

お寿司や刺身がどうしても食べたいと言う場合は、

ボイルされているものやあぶってあるものを選びましょう。

お寿司屋さんで食べるときは、

新しく握ってもらうことをお勧めします。

回転寿しはいつから回っているかわかりません。

安心安全を考えてその場で握ってもらいましょう。

また、お家でお寿司を食べる場合は、新鮮なものを選んでください。

寿司や刺身以外にも生ハムやスモークサーモンも

食べない方がいいと言われています。

生のものにはトキソプラズマという寄生虫があり、

妊婦さんが感染すると胎児に悪い影響が出ます。

まとめ

妊娠中の寿司や刺身を食べることについてまとめました。

生ものを食べるのは控え、どうしても生ものを食べたいと言う場合は、

あぶったり、ゆでたりして食べましょう。

妊婦さんのためだけではなく、

お腹の赤ちゃんのためにもなるので少し我慢しましょうねっ

Sponsored Link

妊娠中に関する記事↓

妊娠初期症状でおりもの黄色の色や粘りが気になる。大丈夫?

妊婦の花粉症の対策で知りたいのは薬の使用が可能か不可能か

妊婦が風邪で咳がひどい時の治し方&発熱で胎児に影響は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です