無痛分娩のリスクやデメリットって何?痛いの苦手な人集まれ

出産するときは強い痛みにおそわれますよね。

ほかの痛みと比べ物にならないくらい痛いといわれています。

『スイカが鼻の穴から出てくる感じ』と、例える人もいましたが^^

今までは分娩は痛いものと言われていて、

無痛分娩を取り入れるところが少なかったそうです。

Sponsored Link

しかし、最近は高齢出産をする人が増えてきていますし、

出産後早い時期に職場に復帰する女性も増えてきています。

それにより、無痛分娩を希望する人がいるのです。

普通分娩は痛いイメージがありますし、

痛いのは苦手という人が多いでしょう。

痛くない出産方法なら無痛分娩を選びますよね。

でもやはり『メリットもあればデメリット』もあります。

今回は、

『無痛分娩のリスクやデメリットって何?痛いの苦手な人集まれ』

として、

無痛分娩のリスクやデメリットについて紹介します。

無痛分娩のリスクやデメリットって何?痛いの苦手な人集まれ!!

171604

無痛分娩って何?

無痛分娩とは、妊婦さんに麻酔をかけて分娩のときの痛みを軽くし、

妊婦さんの体力を消耗するのを少しにします。

国内では無痛分娩を行っているところが少ないため

対応できる病院が限られていますが、

海外ではほとんど無痛分娩を取り入れているといいます。

国内で無痛分娩がお勧めされなかった理由は、

分娩は痛みがあり、痛みと苦しみを感じることで

出産の喜びを感じられるという考えがあったからです。

しかし、高齢出産が増加している中で少しでも痛みがなく、

リラックスした出産をしたいと思う人もいるようです。

病院によって無痛分娩とは呼ばずに

鎮痛分娩、和痛分娩という呼び方をします。



無痛分娩と和痛分娩の違いは、無痛分娩は、

硬膜外麻酔といって脊髄液の周辺にある硬膜という固い膜の外腔に

麻酔液をしみこませる麻酔方法をいい、

和痛分娩は痛みを軽くするために筋肉に注射をすることです。

無痛分娩をした方がいい人

【妊娠線予防クリーム】ハローエンジェル ナチュラルマーククリーム 250g《送料無料》[マタニティ・ママ・妊娠線 ボディークリーム ]

 

妊娠高血圧症の人や心疾患のある人など陣痛の痛みで

血圧が上がってしまう可能性がある人や分娩の進みが遅く、

普通分娩をするのが難しい人に進められます。

また、体力に自信がない人や高齢出産の人、

痛みに弱い人や苦手な人など妊婦さんが希望して行うこともできるのです。

無痛分娩のリスク

【送料無料】 土日もあす楽! 7638 【楽天ランキング1位連続獲得中!】授乳ブラ マタニティ ハーフトップ ブラ クロスオープン 授乳ブラジャー ノンワイヤー 美妊婦 ブラジャー 授乳服 下着 インナー【ローズマダム rosemadame マタニティー】【10P20Nov15】

 

無痛分娩をする際に硬膜外麻酔という麻酔をします。

しかし、この麻酔には若干のリスクがあり、

カテーテル挿入のときにカテーテルが硬膜外腔ではなく、

くも膜下腔に届いてしまうことがあります。

くも膜下腔に届いてしまうことで下半身だけではなく、

上半身にまで麻酔の効果が出てしまいます。

もう一つは、カテーテルの先端が血管に入り、

血液中に麻酔液がしみこんでしまうと舌がしびれてしまう症状が出ます。

また、下半身に麻酔の効果があるので足に力が入らないこともあるそうです。

無痛分娩のデメリットとは

Sponsored Link

無痛分娩では硬膜外麻酔を行うのでその後遺症として

分娩している最中に吐き気がすることがあります。

麻酔に対して副作用や後遺症が出る人、出ない人がいます。

出産後にもしばらく頭痛や吐き気がすることもありますが、

少しずつおさまっていくので心配ありません。

無痛分娩は普通分娩よりも値段が高いです。

一般的に8万から10万円かかるといわれています。

そして、痛みを抑える方法なので健康保険適用外ですのでお金を多く用意しておきましょう。

まとめ

無痛分娩のリスクやデメリットについて紹介しましたが、メリットもあります。

高齢出産や出産後に早めに復帰したい人、

痛みが苦手な人など痛みが和らいだ方がいいと考える人もいるのです。

まだ、病院で無痛分娩を行っていないところが多いので

行っているところを調べてみるのもいいですね。

そして、無痛分娩についての知識を持っておきましょう。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です