赤ちゃんの人見知りはいつからいつまで続く?対策は必要か?

生まれたばかりのときは、

誰にでもだっこされても平気だった赤ちゃんが

生後半年になった頃から始まるのが「人見知り」ですよね。

初めて会う人や、知らない人、家族以外の人にだっこされたり、

見たりすると泣いたり、嫌がったりするのです。

Sponsored Link

今回は、

『赤ちゃんの人見知りはいつからいつまで続く?対策は必要か?』

として、

人見知りの時期は、いつからいつまで続くのか、

人見知り対策をした方がいいのかを紹介します。

赤ちゃんの人見知りはいつからいつまで続く?対策は必要か?

9ba56d728e83e4e5948d835a0f39570d_s

人見知りはいつから始まるのか

人見知りが始まる時期は、個人差があります。

いつから始まるかは、生後半年から1歳くらいの間です。

ハイハイやつかまり立ちなどの運動神経の成長することと一緒に

脳や情緒も発達します。

そして毎日一緒に過ごして安心させてくれるママさんを

特別な存在と感じるようになるのです。

今までおじいちゃん、おばあちゃんにだっこされて

ニコニコしていた赤ちゃんがママにずっとくっついていて離れなくなったり、

外に出かけているときに誰かに話しかけられると泣いてしまったり、

怖がってしまうなどママやパパ以外の人を嫌がることがあります。

人見知りはいつまで続くのか

☆レビューで送料無料☆ オーボール ラトル 赤ちゃんの必需品!はじめておもちゃはコレ オーボールラトル

 

赤ちゃんの人見知りが徐々になくなってくるまで個人差があります。

いつまで続くかと言うと長くても2歳頃には人見知りをしなくなるそうです。

人見知りをするようになると保育所に預けられない、

赤ちゃんの側を離れられないなどママさんが悩むことが多いと思います。

いつまで続くのかと思うとストレスに感じてしまいそうですね。

しかし、徐々になくなっていくので気長に待ちましょう。

人見知りの対策は必要なのか。

OUTLETミドルキッチンセットラッピング不可[名入れOK]【赤ちゃん/おままごと/ままごと/キッチン/木製/あかちゃん/木製玩具/木の玩具/ままごとキッチン/ままごとセット】【RCP】

 

人見知りをすぐに克服する方法はないですが、

赤ちゃんが人見知りをして大泣きするのを改善する方法はあるのです。

1つ目は、赤ちゃんを主役にしないことです。

赤ちゃんといると会話の内容が赤ちゃんメインになりますよね。

赤ちゃんを主役にするのではなく、

相手との距離を維持してママさんは楽しくお話しする必要があります。

赤ちゃんはママの表情をみてリラックスできますし、相手にもいいイメージになります。

2つ目は、赤ちゃんに相手が怖くないことを説明することです。

赤ちゃんにとって初対面の人は、怖い存在です。

しかしママが「この人はとっても優しいのよ。」と一言言うだけでも違うと思います。

始めはわからなくても何回も説明するうちに相手が怖くないことを理解すると思います。

3つ目は、ゆっくり他人にならすことです。

赤ちゃんが初めて会う人や慣れていない人がいきなりだっこしたり、

あやそうとするのはよくありません。

このようなときは、ママさんがだっこしたまま、時間をかけてならしましょう。

赤ちゃんが相手に対し慣れてきているようでしたら手と手をタッチしたり、

ほっぺに触れるなどしてもいいと思います。

注意してほしいのは、慣れてきたからといって突然だっこしようとすると

怖いと思ってしまうので時間をかけて慣れてから行いましょう。

4つ目は、おじいちゃんおばあちゃんに説明をしておくことです。

家族でもおじいちゃん、おばあちゃんにも人見知りをします。

すぐにだっこしたりせずに、少しずつならしていくことを説明しておきましょう。

Sponsored Link

他には、

同じ月齢のこと遊ばせることです。

同じくらいの月齢のこと遊ぶことで周りの子供や環境が気になっていきます。

そうすることでいつの間にか人見知りがなくなると言うこともあるのです。

ママにべったりしていた赤ちゃんが保育所に

通うようになってから改善された子もいるようです。

また、パパさんにも人見知りをする子もいます。

パパは少し落ち込んでしまうと思いますが、

大きくなるにつれて「パパがいい」と言うようになるので人見知りが終わるまで待っていましょう。

まとめ

赤ちゃんの人見知りについて紹介しました。

人見知りを改善するためには、ゆっくりとならすことが大切です。

焦らずにゆっくりと行うことで少しずつよくなってきます。

パパさんやおじいちゃん、おばあちゃんにも人見知りをすることもあると思いますが、

優しく声をかけて怖くないといことを伝えてましょう。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です