子供の鼻血は突然に!原因の見分け方【のぼせやストレスや熱】

子供が鼻血を出したときはびっくりしますよね。

とてもキレイな血なのでヒヤッとさせられることもあります。

一昔前は、

『鼻血が出たら上を向いて首の後を叩くと止まる』などと言われていましたが、

実は今は、正しくないこととも知られています。

Sponsored Link

『突然の鼻血』そんなときに原因や対処法をしていれば不安になりません。

今回は、

『子供の鼻血は突然に!原因の見分け方【のぼせやストレスや熱】』

として、

子供の鼻血の見分け方や原因について紹介します。

子供の鼻血は突然に!原因の見分け方【のぼせやストレスや熱】

080774鼻をほじり過ぎたり、強く鼻をかんだりすすと、

鼻の粘膜が傷がついて、鼻血の原因になりますよね。

鼻血の原因とは

子供は大人よりも鼻血が出やすいと言われています。

鼻血は何もしなくても出ると言うわけでなく、出血する原因があります。

1つ目は、鼻の粘膜を傷つけることです。

子供は無意識に鼻をこすったり、ほじったりしますよね。

そうしてしまうことで鼻の粘膜を傷つけてしまい、

鼻血が出てしまいます。

血管が密集している場所は、

鼻の開口部に近く粘膜も薄いのでちょっとした刺激でも血がたくさん出てしまいます。

アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎の場合は、

鼻の粘膜が弱っているため鼻をかむだけで血が出てしまうことがあります。

2つ目は、鼻の血液の量の増加です。

気温やのぼせたり、興奮したときに

鼻の中の血液の量が増えてしまうことで鼻時が出てしまいます。

子供の鼻の粘膜は薄いので血液の量が一気に増えてしまうと破れてしまうのです。

血液の量が増えると顔が火照り、赤くなるのできちんと見ておきましょう。

3つ目は、大きな病気が原因のときです。

鼻血が出ることは問題はありませんが、

頻繁に出たり、血が止まるのに時間がかかる場合は、

病気が原因と言います。

通常15分から20分で血は止まりますが、

30分以上かかる場合は耳鼻科を受診しましょう。

病気によって鼻血が出やすくなる場合は、

白血病や血友病、肝機能に障害があるときです。

鼻血が出たときの対処法

子供が急に鼻血を出したらどのように対処しますか。

鼻にティッシュを詰めて上を向かせる人がほとんどですよね。

しかし、それは間違ったやり方なのです。

間違ったやり方で行うとすぐに血が止まらなくなってしまいます。

正しい対処法は、まず親が子供の気持ちを落ち着かせます。

そして背もたれのあるいすに座らせて下を向かせます。

椅子に座って本を読む体勢をイメージしてみましょう。

次に出血箇所である小鼻の上あたりを鼻で息ができないくらいつまみます。

そうすると15分から20分で血が止まります。

小さいお子さんはじっとしていられないと思います。

仕掛け絵本『フラワー・フェアリーズ(花の妖精たち)のお話』シシリー・メアリー・バーカー仕掛け絵本※日本語訳・飛び出す絵本ポップアップしかけ日本語版だから安心大人も子供も感動仕掛け絵本お誕生日 母の日 クリスマスプレゼントに仕掛け絵本

 

そんなときは、絵本を読んだり、

おもちゃを子供の膝に乗せて遊ばせるといいですよ。

鼻の血液の量が増えたことで起こる出血は、

身体を冷やし元の血流量にすることが大切ですね。

涼しい場所に移動したり、鼻に冷たいタオルをあてるなど行ってみましょう。

Sponsored Link

間違った方法として、

ティッシュを鼻に詰めて止めるのは

鼻の粘膜を傷つけて悪化させてしまうので気をつけましょう。

他には、首の後ろをトントンとたたくことも効果的ではありません。

また、上を向いて鼻血がたれてこないようにする人もいますが、

この方法は鼻血が鼻の奥から喉や胃に入り、咳や吐き気の原因となるのでよくありません。

まとめ

子供が鼻血を出したときの正しい対処法について紹介しました。

鼻にティッシュをつめたり、上を向いたりするのは

間違った方法だと知って驚いた人もいるでしょう。

間違ったやり方をすると血が止まらなくなってしまうので鼻をつまんだり、

下を向いたりと正しい方法で行いましょう。

子供はよく鼻血を出すものなので親御さんはあたふたせずに落ち着いて対処しましょう。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です