赤ちゃんのしゃっくりの止め方はコレ!簡単に解消できる方法

赤ちゃんはよくしゃっくりをしますよね。

しゃっくりが出るとなかなか止まらないので大人も子供も辛いと思います。

そんなときに止めてあげたいと思いますが、

驚かせるわけにもいかないので自然に止まるのを待つことしかできませんよね。

Sponsored Link

今回は、

『赤ちゃんのしゃっくりの止め方はコレ!簡単に解消できる方法』

として、

赤ちゃんのしゃっくりの止め方や簡単に解消できる方法を紹介します。

赤ちゃんのしゃっくりの止め方はコレ!簡単に解消できる方法

e33843265d29a440d9a7c923a4b86990_s

赤ちゃんは何してもかわいいですが、

さすがにしゃっくりが長引くとかわいそうになってきますね、、

赤ちゃんがしゃっくりをする理由

赤ちゃんは胎内にいるときからしゃっくりをしているのです。

このしゃっくりは、肺呼吸の練習や体内に入ってくるかもしれない排泄物などを、

横隔膜を使って出しているのです。

胎内にいるときにしゃっくりをすることが多かった赤ちゃんは、

生まれてしばらくの間しゃっくりをすると言われています。

赤ちゃんがしゃっくりをする理由は?

9ba56d728e83e4e5948d835a0f39570d_s

横隔膜が未熟でちょっとした刺激でけいれんを起こします。

おっぱいやミルクを飲むときに一緒に空気を吸ってしまうことや

心拍数が大人に比べて早いので横隔膜のけいれんが短い間隔で起こってしまうのです。

他には、体温の変化や体温が下がったとき、

オムツが濡れるとしゃっくりが出るともいわれています。

赤ちゃんにとってしゃっくりは、成長発達の一部と言います。

原因を解消することでしゃっくりを止めることができるのです。

原因を解消できる方法は何なのでしょうか。

赤ちゃんのしゃっくりの止め方

赤ちゃんのしゃっくり止め方を紹介します。

赤ちゃんのしゃっくりはしばらく経てば治ると言われています。

大人のしゃっくりと比べ、苦しくないそうです。

しゃっくりが出ていてもニコニコしている赤ちゃんもいるので心配いりません。

しゃっくりの上手な止め方。

1つ目はしゃっくりが出たらミルクか母乳を飲ませましょう。

ほとんどの場合、この方法でしゃっくりが止まると言われています。

ミルクや母乳の他にお茶や湯冷ましを飲ませるのもいいですよ。

2つ目は、ゲップをさせることです。

ミルクを飲ませた後に背中をトントンたたいてゲップをさせます。

3つ目は、身体を温めてあげることです。

身体が冷たくなるとしゃっくりが出るそうです。

温めたタオルをみぞおちにおいて身体を温めましょう。

4つ目はオムツを替えることです。

オムツが濡れていると体温が下がりしゃっくりが出てしまいます。

なので身体を冷やさないためにもオムツを変えましょう。

5つ目は、うつぶせにする方法です。

うつぶせにすると首を持ち上げるのに集中するので止まるそうです。

いつもと違う体勢だとびっくりして止まるかもしれません。

これらのことを行えば簡単に解消できそうですね。

しゃっくりが頻繁に出るときは病院に行くべき?

Sponsored Link

しゃっくりが頻繁で止まらず、

ぐったりして元気がなかったり、おっぱいやミルクを飲まない、

飲む量が減ったなどがある場合は小児科を受診しましょう。

しゃっくりが頻繁に出ても元気があれば病院に行かなくてもいいのです。

まとめ

赤ちゃんのしゃっくりを止め方や簡単に解消する方法を紹介しました。

1歳くらいまではしゃっくりはたくさん出るのは自然な物です。

成長するにつれてしゃっくりの回数が少なくなっていきます。

しゃっくりが出ても心配せずに落ち着いて止める方法を試してみましょう。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です