赤ちゃんが下痢する多くの原因【ミルク・アレルギー・母乳】

赤ちゃんが下痢になってしまうと心配ですよね。

下痢になる原因は

ミルクや母乳、アレルギーなどいろいろあります。

原因を知って対応策を考えましょう!

Sponsored Link

今回は、

『赤ちゃんが下痢する多くの原因【ミルク・アレルギー・母乳】』

として、

赤ちゃんの下痢はどのようなものなのかをまとめたいと思います。

赤ちゃんが下痢する多くの原因【ミルク・アレルギー・母乳】

3720b2358d061c386dc5bd380b1a668d_s

赤ちゃんがミルクやおっぱいを飲んでいる姿は、

本当にホッコリさせてくれますよね^^

赤ちゃんの下痢の原因とは。

【森永】ノンラクト【350g】【取寄せ品】【smtb-TD】【RCP】【税抜5000円以上で送料無料*沖縄地区は除く】

 

赤ちゃんの下痢は急性の下痢と慢性の下痢の2つに分けられます。

下痢になってもいつまで続くのかは明らかになっていません。

急性の下痢が始まって2週間以上、

下痢が続く場合は、慢性の下痢と言われます。

では、この2つの下痢が起こる原因は何なのでしょうか。

急性の下痢の場合

ドクターベッタ 哺乳びん ブレイン 240ml プラスチック PPSU製【ナチュラルリビング】

 

急性の下痢は、ウィルスや細菌による感染症の胃腸炎です。

お腹の風邪ともよばれていて胃腸にウィルスや細菌が

増えてしまうことで起こります。

他には、扁桃腺や肺炎、中耳炎、尿路感染症、

突発性発疹などの病気にかかっているときに

下痢になる人が多いと言われています。

中でも突発性発疹の症状で下痢が起こり、ぶつぶつとした粒のような軟便が出ます。

そして抗生物質を飲むことで下痢になってしまうということもあります。

急性の下痢は治療を受ければ3〜5日で症状がよくなってきます。

しかし、それ以上下痢が続く場合は、慢性の下痢の可能性があります。

慢性の下痢の場合

Sponsored Link

慢性の下痢は、母乳や食べ物アレルギーが原因で軟便になることがあります。

母乳育児の赤ちゃんは、緩い便が出ることが多いです。

1日に8、9回水に似た便が出ます。

しかし、これは母乳に入っているビフィズス菌が赤ちゃんの腸で

正常に働いているので心配ありません。

母乳を飲む赤ちゃんは、ミルクを飲む赤ちゃんに比べて便が柔らかく、

回数も多いのです。

慢性の下痢となると何か病気の恐れがあります。

慢性の下痢の病気として最も多いのが二次性乳糖不耐症です。

感染症胃腸炎似かかった後に何週間も下痢が続くようですと

この病気を発症している可能性があります。

胃腸炎になってしまうと腸の粘膜が傷つきます。

腸の粘膜にミルクの中の乳糖を分解する酵素があります。

それが傷つくことで減ってしまいます。

そして吸収されずに発酵するのです。

こうすることで甘酸っぱい臭いの便が出たり、下痢になってしまうのです。

赤ちゃんが母乳を飲んでいる場合は、

下痢になっても心配ありません。

赤ちゃんがミルクを飲んでいる場合は、

ミルクの成分に乳糖が入っていない物を選ぶと下痢の症状が改善されます。

ミルク以外にも果汁の飲み過ぎやミルクに使用する水によっても

下痢になることがありますので使用する水を変えてみましょう。

水といっても様々なタイプがあり、水道水、ミネラルウォーター、

浄水器の水、ウォーターサーバーなどがあります。

まとめ

赤ちゃんの下痢についてまとめました。

急性による物と慢性による物がありました。

急性はウィルスや細菌による感染症の胃腸炎です。

扁桃腺や肺炎などになることで下痢になりやすいので気をつけましょう。

また、慢性の下痢は母乳やミルク、

食べ物のアレルギーなどで起こる下痢で普段から気をつけなければなりません。

下痢にならないためにもミルクに使う水を選んだり、

ミルクを変えたりすることで下痢が治まると言います。

下痢にならないためにも様々なことに気をつけて過ごしましょう。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です