妊娠超初期症状に胃痛や下痢を体験する人が多いのはなぜ?

妊娠中、産後ママのこころとからだにあんしんをお届け[こころからだあんしんラボ]

妊活中の人にとって、

小さなことでも「妊娠したんじゃないか」と思ってしまうことがありますよね。

妊娠してすぐに症状が出る「妊娠超初期」には

いくつか症状が現れますが、

胃痛や下痢もその症状の一つです。

また生理前も下痢になりやすい人がいます。

そのため妊娠兆候の下痢と見分けるのが難しいのです。

Sponsored Link


今回は、

『妊娠超初期症状に胃痛や下痢を体験する人が多いのはなぜ?』

として、

生理前の下痢が妊娠超初期症状なのかを見極める方法や

下痢や胃痛が起こる原因を紹介します。

妊娠超初期症状に胃痛や下痢を体験する人が多いのはなぜ?

c406109b82932d1027bd62a3d844a2b8_s

妊娠中、頻繁にお腹の調子が悪くなると、

不安ばかりが頭をよぎります、、

妊娠超初期症状の胃痛の症状とは

妊娠初期症状の胃痛は早い人は着床後すぐに起こると言います。

生理予定日前だと「チクチク」と軽い痛みを感じ、

生理予定日を過ぎた頃からむかつきや吐き気を感じるようになるのです。


胃痛が起こる原因は、

妊娠すると女性ホルモンが分泌されるため

この女性ホルモンが胃腸を弱めてしまい、

食べた物や胃酸が胃の中に溜まり、胃痛を引き起こしてしまうのです。

つわりの症状の一つといわれています。

一気に食べたり、常に何かを食べて胃の休まる時間がないので

負担がかかってしまいます。

他には、吐くことで胃が傷つけられてしまい、

食べられないことで胃散が濃くなってしまうことなど

胃が傷つけられることで胃痛を引き起こしているのです。


胃痛の対処法として、

消化しやすい食べ物を少量に分けてゆっくりかんで食べることが大切です。

食欲がないかもしれませんが、

胃の中に食べ物が何もないと胃酸が濃くなり、

胃の粘膜を傷つけてしまいます。

おすすめの飲み物はホットミルクやヨーグルトです。

これらのものは胃の粘膜を保護してくれますし、

ホットミルクは寝る前に飲むと眠りにつきやすいと言われています。

食べ物はリンゴやキャベツなどです。

リンゴは消化によく胃を保護する働きがあります。

キャベツに含まれるビタミンUには、

胃の粘膜の保護をする働きがあるのでおすすめです。

また、食事と飲み物を一緒に摂ると

胃液が薄められるので消化が遅くなります。

なので食後1時間後くらいに水分を摂り、胃散を薄め、胃痛を軽減させましょう。

妊娠初期の下痢の症状

Sponsored Link

妊娠初期の症状として下痢が挙げられます。

妊娠超初期の下痢は妊娠に伴うホルモンの分泌が原因です。

つわりによってさっぱりとした冷たいものをたくさん食べるなど食が変化することも原因です。

生理前の下痢と見分ける方法は難しいと言われています。

妊娠超初期症状で下痢が起こる理由は、

受精卵が着床することでホルモンバランスが変化するからです。

生理前の下痢もホルモンバランスの乱れによって起こります。

普段生理前に下痢をすることがない場合は、生理前の下痢は、

妊娠超初期症状の可能性があると言われています。

妊娠超初期の下痢は一時的なものなので時間が経てば治ります。

生理前に下痢になってしまうことは妊娠の可能性があるということです。


妊娠中、産後ママのこころとからだにあんしんをお届け[こころからだあんしんラボ]

まとめ

妊娠超初期症状である下痢や胃痛についてまとめました。



下痢に関しては生理前と区別がつきにくいものですが

普段生理前に下痢のならない人が下痢になった場合は、

妊娠している可能性があります。

胃痛に関しては、食べ物の好みや食べる量によって痛さは異なります。

胃がからっぽだと痛みが出てしまいます。

妊娠かなと思ったら産婦人科を受診してみましょう。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です