妊娠中期に下腹部痛が『チクチク』痛いけど赤ちゃん大丈夫?

>>赤ちゃん思いの妊娠中のママたちが大注目の葉酸サプリはこちらから<<

妊娠中期になるとつわりも落ち着きますよね。

しかし、今度はチクチクとおなかの痛みを感じて

おなかの赤ちゃんが心配になりますよね。

妊娠中は本当に色んな身体の変化が起きるので、

毎回ヒヤヒヤ、不安になる方も多いです。。

Sponsored Link

今回は、

『妊娠中期に下腹部痛が『チクチク』痛いけど赤ちゃん大丈夫?』

として、

妊娠中期のチクチクとした下腹部痛に原因について紹介します。

妊娠中期に下腹部痛が『チクチク』痛いけど赤ちゃん大丈夫?

171601

下腹部痛の原因とは。

妊娠中期のお腹の痛みは生理痛のようなものと言われています。

お腹がチクチクと痛む原因は、

特別な処置が必要な場合とそうではない場合があります。

この時期の腹痛は、ほとんどの場合、心配する必要のない腹痛です。

ズキズキチクチクすする原因は、

大きくなってきた子宮を支える靭帯が引っ張られることで起こる痛みと

胃腸の不調や便秘によるものだと言われています。

1つ目の子宮を支える靭帯が急激に伸びることで起こる痛みでは、

おなかの赤ちゃんが成長して、

子宮が大きくなるので骨盤の中では子宮を支えている靭帯が柔らかくなります。

そして伸びて引っ張られるのです。

妊娠中期になると、子宮が急激に大きくなるので子宮を支える靭帯も伸びてしまいます。

このようになることでおなかが張ったり痛くなってしまうのです。

この時に痛みがあるのは下腹部の周辺や左右の足の付け根などに

チクチクとした痛みや足が張っているような感覚になります。

2つ目の胃腸の不調や便秘によるものでは、

妊娠するとプロゲステンという黄体ホルモンの分泌が盛んになり、

それによって腸の働きを抑えてしまいます。

なので便秘やお腹の痛みを感じる妊婦さんがたくさんいるのです。

対処法とは。

39ae25b830c730d2c6aa41f3e1f9cfcf_s

子宮を支える靭帯の急激な伸びに対しての対処法は、

安静にすることです。痛みを感じたら座ったり、

痛みがある方を下にして横になったり、深呼吸を行いましょう。

そうすると痛みが軽減されます。

体が冷えると痛みが出やすいので腹巻などをして温めておきましょう。

お腹を支えるために骨盤ベルトを使用することもオススメです。

妊娠週数がすすむにつれて痛みがなくなるので心配ありません。

胃腸の不調や便秘に対する対処法は、

便秘にならないためにも水分を多めに摂りましょう。

それでも便秘が続く場合な病院で便秘薬を処方してもらいましょう。

そしてバランスの良い食事をするのも大切です。

胃腸が不調の場合は、食事の量を減らしたり、

消化に良く、便秘に効果的な食べ物をたくさん摂ることで胃腸に優しくなります。

注意しなければならないこと

Sponsored Link

下腹部痛の原因は靭帯が伸びることや便秘などがほとんどですが、

切迫流産や早産の可能性もあるので安心できないこともあります。

子宮全体に規則的な痛みがずっと続く時、

出血があったり動けなくなるほどの痛みがある際は産婦人科を受診しましょう。

まとめ

>>赤ちゃん思いの妊娠中のママたちが大注目の葉酸サプリはこちらから<<

妊娠中期の下腹部痛についてまとめました。

チクチクとした痛みは靭帯の影響や下痢や便秘によるものだということがわかりました。

安静にしたり、水分補給をしっかりすることで対処することができます。

しかし、チクチクとした痛みが規則的、定期的に続くようでしたら。

産婦人科で見てもらうことをお勧めします。

妊娠中期は安定期に入ってきていますが、

出血したり、痛みが激しい時も自己判断せずにすぐに受診しましょう。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です