子供の英語はゲームで楽しむ!遊び感覚で家族みんなでやろう

子供に英語を勉強させようと思った時、

どうしたら楽しく勉強できるか。

親子や家族で楽しみながら英語力を伸ばすことができる方法はあるのでしょうか。

楽しんで学ぶことができる方法があります。

それは英語をゲーム感覚で楽しむことです。

Sponsored Link

今回は、

『子供の英語はゲームで楽しむ!遊び感覚で家族みんなでやろう!』

として、

楽しく英語を学べる方法を紹介します。

子供の英語はゲームで楽しむ!遊び感覚で家族みんなでやろう

6e3f53ee03c16d4bfb64672e13a30c86_s

ゲーム感覚で楽しく学ぼう

英語の勉強というとテキストを使ったり、

CDを聞いたり、英語スクールに通ったりとたくさん方法があります。

一人で黙々と勉強するよりも家族や友達と一緒になって

勉強したら楽しくありませんか。

体を使ってできるゲームをするので教材を使わなくていいのです。

体を動かしてできるゲームとはどのようなものがあるのでしょうか。

1つ目は、「 Do as I say!(言われた通りに動けるかな)」です。

親子で遊ぶ場合、親が“ jump”(ジャンプして)や“walk”(歩いて)と言ったら

子供は言われた通りの動作をします。

子供が慣れてきたら今度は子供が言った言葉を聞いて親が動いてみましょう。

このようにすると動作の意味を理解することや

子供がその言葉を発音する練習になります。

だんだんできるようになってきたら今度はレベルアップします。

“jump 10 times.”(10回ジャンプして)や“

Clap your hands 15 times.”(15回手を叩いて)などと回数をしたり、

“ Walk for 20 seconds.”(20秒歩いて)などと秒数をしたりします。

秒数を指定した時はカウントしてあげましょう。

他には動作を早く、遅くすることやフレーズを使っても楽しいです。

Can you 〜?(〜できる?)と聞いて動く時に

Yes, I can. No, I can’t.

と答えるようにします。

2つ目は、家にあるものを有効活用

次に、お家の中にあるものを使って英語のゲームをしてみましょう。

そのゲームは、 Can You find it?(言われたものを見つけられるかな)です。

英語で言われたものを探してみます。

Sponsored Link

数を指定したり、大きさや色、形を指定しても楽しいと思います。

そして指定する言葉を組み合わせてみるともっと楽しくなりそうです。

物や色、形の名前の他に数の数え方も勉強になると思います。

3つ目は、 Where is it?(どこになるのかな)です。

このゲームは言われた物の場所や位置を答えるゲームです。

in (〜の中)on(〜の上),under(〜の下)などの前置詞を使います。

Where is the notebook? (ノートはどこにあるの?) と聞いて、

It’s on the desk. (机の上だよ。)と答えてもらいます。

紙とペンを使ったゲーム

体を動かして行う物や物探しの他には

紙とペンを使ったゲームが楽しいですよ。

何を書いているか当てるゲームや

1つの単語を制限時間内に何個書けるかなど集中力が高まるゲームだと思います。

まとめ

英語を使って家族で楽しめるゲームを紹介しました。

体を動かしたり、物を探すなど物や形、色、位置の名前を

理解して発音できるようになるのでどんどん覚えていきますね。

ゲーム感覚で子供が楽しく学ぶのが一番の目的です。

家族で一緒に行うとみんなで英語を学ぶことができるので嬉しいですね。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です