小児のアトピー性皮膚炎の治療や症状。日常生活で予防が可能

子供の肌は敏感ですし、

免疫がないのでアレルギー反応を起こしやすいです。

中でも小児のアトピー性皮膚炎はアレルギーによって

皮膚が湿疹性を繰り返し起こすものです。

Sponsored Link

今回は、

『小児のアトピー性皮膚炎の治療や症状。日常生活で予防が可能』

として、

小児のアトピー性皮膚炎の治療や症状と予防の方法を紹介します。

小児のアトピー性皮膚炎の治療や症状。日常生活で予防が可能

ca04a31470f09905126307f610ce3cea_s

アトピー性皮膚炎とは

アトピー性皮膚炎は、

皮膚のアレルギー反応により炎症が起こるものです。

遺伝性が強くてハウスダストやダニ、

食べ物などのアレルギー物質に反応します。

乳児期は牛乳や卵のアレルギーでかゆみや蕁麻疹などで症状が出てしまいます。

楽天ランキング1位!防腐剤無添加で赤ちゃんに優しい「ベビーローション120ml」【etvos(エトヴォス)】【30日間返品保証】

 

小児のアトピー性皮膚炎の原因は乾燥している赤ちゃんの肌をよだれや食べこぼし、

涙や衣服などが擦れることで刺激されることです。

幼児期や学童期には、汗や土が肌を刺激してしまいます。

乾燥しやすい冬の時期と汗をかきやすい夏の時期は特に悪化するそうです。

さらに、皮膚をかくことも原因の一つです。

家族の中でアレルギー体質の人がいる場合や本人が食物アレルギーがある場合、

過去に気管支喘息などのアレルギーにかかったことがある場合に発症しやすいそうです。

また、皮膚のバリア機能が低くなりやすい乾燥肌の人やバリア機能が低い敏感肌の人は

アレルギーの原因物質が皮膚の奥まで入り込みやすいので

かゆみや湿疹が悪化してしまうのです。

ストレスによるホルモン分泌や自律神経のバランスが悪いと

アレルギー反応を起こしやすくなります。

アトピー性皮膚炎の症状

美杏香ESオイル 【アトピー、肌荒れ、保湿、オイル】

 

小児のアトピー性皮膚炎の症状は乳児の場合、

生後2ヶ月頃から頬や口の周り、

頭部などにかさぶたのついたじくじくした皮膚炎が見られます。

それから首や前胸部肘や膝の内側に広がります。

小児は首やわきの下、肘や膝の内側にカサカサした皮膚炎があらわれ、

側胸部に鳥肌のようなアトピー肌が出ます。

アトピー性皮膚炎の治療法

アトピー性皮膚炎の治療法はステロイド外用剤や保湿剤を塗ることです。

ステロイド外用剤は、皮膚の状態にあったものを選びましょう。

心配な場合は、病院を受診しましょう。

日常生活でできる予防法

Sponsored Link

アトピー性皮膚炎にならないためには予防することが必要です。

予防方法としてダニ対策を行ったり、

皮膚を清潔に保つ、

保湿をして皮膚の乾燥を防ぐこと、

症状を悪化させる食品を摂取しないことです。

アレルギーの原因であるダニの繁殖を防ぎましょう。

部屋の掃除をしたり、

換気すること、

布団を外に干す、

清潔にすることが大切です。

毎日入浴やシャワーを浴びて汗や汚れ、

細菌などをきれいに洗い流しましょう。

ゴシゴシ洗わずに石鹸をよく泡立て、

優しく洗います。タオルや衣類も清潔にすることが大切です。

アトピー性皮膚炎の人は皮膚が乾燥している人がほとんどです。

皮膚が乾燥しているとバリア機能が低くなるので洗顔やお風呂の後は保湿を行い、

皮膚の水分を維持しましょう。

食物アレルギーがある人は、

外食の際にアレルギー物質が入っていないことを確認してください。

まとめ

小児のアトピー性皮膚炎の症状や治療、

予防法などをまとめました。

乾燥肌になりやすい冬の時期は保湿することが大切です。

アレルギー反応が出やすい人や敏感肌の人はダニやハウスダストを綺麗にとりましょう。

予防も忘れずにしましょう。

治療を行う時は、

病院に行って医師の注意に従ってゆっくり治していきましょう。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です