RSウィルスが大流行!子供が感染した時の症状や潜伏期間

皆さんは、RSウィルスを知っていますか。

呼吸器の感染症で毎年冬の時期に流行します。

乳児の半数以上が1歳までに感染し、

ほとんどの子供が2歳までに感染して再感染をくりかえる感染症です。

Sponsored Link

今回は、

『RSウィルスが大流行!子供が感染した時の症状や潜伏期間』

として、

子供がRSウィルスに感染した時の症状や潜伏期間などを紹介します。

RSウィルスが大流行!子供が感染した時の症状や潜伏期間

261660

RSウィルスとは

呼吸器系に感染するウィルスでほとんどの子供が2歳までに感染してしまいます。

1度感染すると再感染してしまいます。

少しずつ免疫ができるので症状が軽くなります。

飛沫感染と接触感染があり、

飛沫感染の場合は、

感染者の咳やくしゃみで広がったウィルスを吸い込むことで感染し、

鼻の粘膜などで増えてしまいます。

接触感染では、

鼻汁や痰に含まれるウィルスが皮膚や衣服、

おもちゃなどを触った手にも感染し、

それが目瞼や鼻咽頭の粘膜に触れることで感染します。

RSウィルスの潜伏期間と症状

RSウィルスは感染してから4から5日の潜伏期間があります。

そのあとに鼻水や咳、発熱などの風邪の症状があり、

この後炎症が下気道まで波及して気管支炎や細気管支炎を発症し、

咳が強くなったり、むせるような咳、ぜいぜいする、多呼吸などを発症します。

初めてかかった乳児は、鼻水が出て38から39度の熱が出て咳が出ます。

通常は、1から2週間で治ります。

1歳くらいまで乳児や低出生体重児、

心臓に病気がある子供は細気管支炎を発症して重症化しやすいと言われています。

冬の時期に乳児が鼻汁や咳をしてぜいぜいするようになった場合は、

RSウィルスと診断されます。

診断方法は、鼻に綿棒を入れてこすり、その綿棒に試薬を使用して調べます。

RSウィルスの治療方法

RSウィルス感染症の治療方法は、

熱が出ている場合は、冷却し、アセトアミノフェンなどの解熱剤を使用します。

喘息になってしまう呼吸器の症状では気管支拡張薬などを使います。

風邪の時と同様に水分補給や睡眠、

栄養や保温などを行い安静にすることが大切です。

RSウィルスの予防法

Sponsored Link

感染しないためにもきちんと手を洗いましょう。

そして風邪を引いた人と接触しないようにします。

10月頃から2月頃までのRSウィルスが流行する時期に避けたいものは、

タバコの煙、人の出入りが多い場所、保育所を利用することなどです。

タバコの煙は、子供の気道を刺激し、

咳の症状が悪くなり、喘息になってしまいます。

もし家族で風邪をひいている人がいたら、

感染しやすい乳幼児と寝室を別にした方がいいと言われています。

感染者がくしゃみや咳をした時に飛んできたものがおもちゃや

おしゃぶりについてしまったおもちゃは

赤ちゃんが口に入れないように綺麗にしましょう。

RSウィルスは消毒薬に弱いので消毒しましょう。

外に出る場合は、マスクの着用や人ごみを避けて出かけましょう。

まとめ

子供がRSウィルスに感染した際の潜伏期間や症状についてまとめました。

鼻水や発熱、咳などの風邪と似た症状がでますが、

子供の機嫌が悪かったり、元気がない、おっぱいやミルクの飲みかたが悪い、

咳がひどい場合は、病院を受診しましょう。

咳で寝つきが悪かったり、おっぱいやミルクを飲むことが難しいことがあります。

水分補給をしっかり行い、お部屋の加湿や楽な体制にしてあげましょう。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です