赤ちゃんの【ひきつけの原因や症状】間違った対処法を知る

赤ちゃんの手足が急に突っ張って、

白目をむきながら痙攣を起こしたら驚いてしまいますよね。

しかし、

この痙攣やひきつけなど発作は危険な症状とは言い切れないのです。

Sponsored Link

今回は、

『赤ちゃんの【ひきつけの原因や症状】間違った対処法を知る』

赤ちゃんのひきつけやその原因、症状や対処法を紹介します。

赤ちゃんの【ひきつけの原因や症状】間違った対処法を知る

94dd097eeddd2c51e9f1c96e9d15edbb_s

赤ちゃんの痙攣やひきつけってどんなもの?症状とは。

痙攣とひきつけ

痙攣とひきつけは、

どちらも本人の意思とは無関係に筋肉が収縮することを言います。

例えば、しゃっくりは横断幕が無意識に動いてしまうので止めようと思っても

止められませんよね。なので痙攣やひきつけのひとつなのです。

痙攣やひきつけの症状

痙攣やひきつけの症状は、

全身が硬くなり、ガタガタと震えだします。

これが数分間続き、意識を失ってしまうこともあるのです。

初めて子供の痙攣やひきつけを見た両親がパニックになってしまうのは当然のことですよね。

痙攣やひきつけの種類

痙攣やひきつけにも種類があります。

熱性痙攣や泣き入り痙攣、てんかん、髄膜炎、急性脳炎です。

熱性痙攣は、赤ちゃんのひきつけが原因と言われています。

38度以上の発熱があって5分以内にひきつけはおさまります。

泣き入り痙攣は赤ちゃんが大泣きした後に急に呼吸が止まることがあります。

一時的に意識を失ったり、顔色が悪くなってしまいます。

1から2分経つと治るのでそのあとは安静にさせましょう。

髄膜炎はひきつけの他に熱や頭痛があります。

熱性痙攣と似た症状なので判断しづらいと言われています。

急性脳炎はウィルスが原因で起こるひきつけは、

嘔吐や首の後ろが硬くなってしまいます。

水泡や風疹にかかって治ってからひきつけや意識を失うことがある場合は、

病院で診てもらいましょう。

てんかんは、脳神経細胞の作用が乱れることで意識障害や痙攣を起こすものです。

てんかんが起きたら安静にして横に寝かせてください。

5分以上のひきつけが続いたり、

意識を失う、嘔吐する、ひきつけを繰り返すようでしたら救急車を呼んで

すぐに病院へ行きましょう。

痙攣やひきつけの対処法

Sponsored Link

痙攣やひきつけを起こした場合の対処法は、

まず慌てずに冷静になることです。

突然痙攣やひきつけを起こして驚きますが、

冷静になることで対処できます。

次に赤ちゃんをうつ伏せに寝かせて嘔吐物が喉につまらないようにして横向きにします。

そして赤ちゃんの服はゆるめましょう。

最後に赤ちゃんの状態を観察して5分以上痙攣やひきつけが起こるようでしたら

すぐに病院に連れて行きましょう。

この時に痙攣仕方や時間、体温などを確認しておきましょう。

痙攣が治まったら顔色や目の動き、

呼吸の様子なども全身をよく観察します。

痙攣が左右で違ったり、

20分以上起こる、目の動きが変だったりしたら別の病気の恐れもあるので

よく観察しましょう。

まとめ

赤ちゃんの痙攣やひきつけの症状と原因、

対処法についてまとめました。痙攣やひきつけにはいろいろな種類がありますが、

どれも治るそうです。

しかし、5分以上続いたり、

意識を失うひきつけをくりかえるようでしたらすぐに病院で診てもらいましょう。

突然痙攣やひきつけが起こったとしても慌てずに冷静になった対処しましょう。

痙攣やひきつけが長く続いたりおかしな症状があったりしたら病院に連れて行きましょう。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です