小学生の生理(初潮)は平均何年生?下着やナプキンの準備

勉強が楽しくなる!魔法の学習法☆

小学生の女の子はいつから生理が始まるのかドキドキしますよね。



高学年になると周りの子も生理が始まるので

自分もそろそろかなと思うでしょう。

生理のことがわからないまま初潮が来てしまい

大変な思いをしないためにも初潮についてママさんが教えてあげたり

相談に乗ってあげましょう。

Sponsored Link

今回は、

『小学生の生理(初潮)は平均何年生?下着やナプキンの準備』

として、

生理の時に使う下着やナプキンについても紹介します。

小学生の生理(初潮)は平均何年生?下着やナプキンの準備

404157460c6c2fad24391c07692ecaa4_s

初潮とは何か。

初潮とは、初めて生理が身体に起きることを言います。

子宮や卵巣が充分に育っていて機能し始めることで初潮が起こります。

また、大人として赤ちゃんが産める準備が進んでいると示してくれています。


初潮を迎える年齢は、

小学校6年生、12歳が平均です。

早い子では3年生(9歳)頃からで遅い子では15歳頃に初潮を迎えます。

個人差があるのは、体がまだ成熟していないからなのです。

女の子は子宮や卵子が成熟することで

女性らしい体型になり始めていることから起こります。

女性ホルモンの分泌が始まり、乳房が膨らむ、恥毛が生えてくるなどです。

初潮の前兆と特徴とは。

初潮が始まる年齢や体型がわかりました。

他にも初潮が始める前兆があるのです。

それは、肌質の変化です。

脂っぽくなったり、乾燥やニキビなどの肌トラブルが起こりやすくなります。

人によって髪の毛の質が変わる人もいるのです。


そして、

おりものも増えてきます。

下着におりものが付いていたり、

洗濯した下着におりものが残っているということで体の変化に気がつきます。


体型の変化ももちろんですが、

体がふっくらとしてきた、頭痛や微熱、鼻血が出るという症状も出てきます。


初潮の特徴は、チョコレートのような茶色の色をした経血やおりものが下着につきます。

はじめは少量なのでおりものシートをつけてこまめに取り替えましょう。

ナプキンの練習にもなります。

初潮に向けての準備

初潮を迎えるとどうすればいいのかわからなくて不安ですよね。



生理の時は、生理用のナプキンと下着を使います。

ナプキンは2時間経過したら新しいものに取り替えるようにしましょう。

また、トイレに行った時に生理の汚れを確認した時も取り替えます。

また、下着については、

普段履いているショーツよりも生理用のショーツを履いた方が、

ナプキンをつけていることがわかりませんし、漏れたり、ずれたりする心配もありません。


初潮に向けての準備としてナプキンの使い方や交換して捨てるときの方法や

生理用ショーツのことなどを教えてあげるとお子さんも安心しますよ。

食事に注意

Sponsored Link

初潮が起きてしばらくは、生理痛やホルモンバランスの乱れがあります。

チョコレートやケーキなどの洋菓子は糖分や脂質が多いです。

この2つを同時に摂ると血液はドロドロになり、

血流が悪くなり、生理痛を悪化させてしまうので摂らないようにしましょう。

食生活においても脂っこいものは控えめにしましょう。

勉強が楽しくなる!魔法の学習法☆

まとめ

小学生の初潮についてまとめました。

平均は6年生で早くて3年生には初潮を迎える子がいます。

個人差はありますが、遅くても15歳には初潮を迎えるので心配ありません。

初めてのことで不安になると思います。

ママさんが相談に乗ってあげたり、使い方を教えてあげることで安心するでしょう。

初潮の準備に向けてショーツやナプキンを用意しておきましょう。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です