中学生女の子の平均体重と身長を知って栄養バランスを整える

中学生になると思春期を迎えて、

身長がものすごく伸びることがありますよね。

この成長が大人の身長を決めるピークとなるのです。

女の子は10歳から12歳の間に成長ホルモンの分泌が多くなります。

身長を伸ばすためには、食事の栄養バランスを整えることや、

適度な運動をする、睡眠をしっかりとることがあげられます。

Sponsored Link

今回は、

『中学生女の子の平均体重と身長を知って栄養バランスを整える』

として、

中学生の女の子の平均体重や身長、

身長を止めないために栄養バランスを整える理由などを紹介します。

中学生女の子の平均体重と身長を知って栄養バランスを整える

47559b956b54c9333df521fe3a653056_s

中学生の女の子の平均体重や身長とは。

中学生の女の子は成長ホルモンがすでに出終わっているので

身長の伸びは1年で2から3cmとなっています。

このころの平均体重や身長は、

12歳で身長151cm、体重43kg、

13歳で身長154cm、体重47kg、

14歳で身長156cm、体重49kgです。

成長ホルモンが出る時期は個人差があります。

出るのが遅い人は、中学生後半に背が伸びることがあります。

女の子は成長ホルモンが出終わっているので身長を無理に伸ばそうとしないことが大切です。

思春期になると女性ホルモンがたくさん出て体に変化を感じます。

女の子は胸が少し膨らみ始めます。

思春期が始まる頃に132.5cmあったら大人の身長は150cm以上になると言われています。

身長が伸びない理由

この時期は身長がなかなか伸びません。

身長が伸びない理由は、

睡眠不足、

栄養不足、

運動不足、

成長ホルモンの分泌不足、

そして遺伝です。

1つ目の睡眠不足です。

スマホやゲームなどで夜更かしをしている人が多いと思います。

1日7時間以上寝るのが理想で、

22時から午前2時にかけて成長ホルモンが最も分泌されます。

なので早めに休んでしっかり眠りましょう。

2つ目は栄養不足です。

栄養バランスが悪いと身長が伸びません。

身長を伸ばすために牛乳を飲んでいるという人がいますよね。

たくさん飲むことはいいことですが、

脂肪分が多いので飲みすぎないようにしましょう。

そして、ひとつの栄養素のみをしっかり摂っても身長は伸びません。

タンパク質やカルシウム、ビタミン、

炭水化物に脂質と栄養バランスが整った食事を摂ることをお勧めします。

3つ目は、運動不足です。

Sponsored Link

運動することは、筋肉や骨格を作るのにとても大切なことです。

適度な運動をすることで代謝し、

成長が進むので背が伸びるのです。

運動不足だと筋肉がつかないので体の成長が遅くなってしまいます。

スポーツや適度な運動を行いましょう。

最後に遺伝です。

両親の身長から子供の身長を予想することができます。

目安なので実際の身長が計算した数字よりも大きかったり

小さかったりということがありますよ。

まとめ

中学生の女の子平均体重や身長についてと

栄養バランスを整える大切さなど成長に関わるものをまとめました。

身長を伸ばすには、

しっかりと睡眠をとることや栄養バランスの整った食事をすること、

適度なスポーツや運動をすることです。

特に女の子は小学生の頃と比べて背があまり伸びなくなってきます。

身長があまり伸びていなくても心配ありませんよ。

無理に伸ばそうとはせずに健康的な体づくりをしてゆっくりと伸ばしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です