赤ちゃんの喋る時期の平均は?うちの子は遅い?前兆を知る

赤ちゃんが成長するにつれて言葉を話すようになります。

喋り始めるのは個人差があると言われていますが、

いつから喋り始めるのでしょうか。

話すのが遅いと心配になりますよね。

Sponsored Link

今回は、

『赤ちゃんの喋る時期の平均は?うちの子は遅い?前兆を知る』

として、

赤ちゃんのしゃべる時期の平均や話はじめる前兆などをまとめます。

赤ちゃんの喋る時期の平均は?うちの子は遅い?前兆を知る

077061

赤ちゃんがしゃべる時期の平均とは。

赤ちゃんが話をできるようになるために、

脳の発達や声帯が上手に使えなければなりません。

ママやパパとのコミュニケーションによってだんだん話せるようになります。

始めは「あー、うー」などの喃語からだんだん意味のある言葉がでてくるのです。

赤ちゃんの嬉しい、

不安、

恐怖などの感情も喃語で表現されます。

赤ちゃんがしゃべる時期の平均は、

50%は1歳前後で意味のある言葉を話し始めます。

例えば、「ワンワンやブーブー」などです。

そして1歳3から4ヶ月には、

ほとんどの赤ちゃんが1単語以上の言葉を話すようになるのです。

早い子供と遅い子供で8ヶ月以上も差がありますが、

個人差があるので心配ありません。

他の子よりも遅いと心配になりますが、

積極的に話しかけることで赤ちゃんも喋るようになります。

赤ちゃんが喋るようになるには、

コミュニケーションをとることが大切です。

ゆっくり、はっきりと発音し、単語と単語の間を空けたり、

区切ったりして赤ちゃんが理解できるように話します。

次に2語や3語の言葉で話します。

これも単語を区切っていうと分かりやすいです。

赤ちゃんが喋る前兆とは。

3e2d5667f408f834408b8fa42d3b9976_s

赤ちゃんが喋る前兆は、意味のある言葉を話し始めたらと言います。

喋り出すまでに幾つかの段階があります。

始めは、クーシングと言って

「あっあっ、あうー」

などのクーイングと言って言葉にならない声を出します。

次に「あー、うー」などの喃語という言葉にならない声を出します。

この時から、パパやママの話す言葉を真似するようになり、

喃語で感じたことを言うようになります。

そしてだんだんと意味のある言葉を話すようになります。

赤ちゃんが立ち上がれるようになると声帯が下がるので声が出しやすくなるそうです。

さらに「ブーブー」や「まんま」などの言葉がわかるようになり、

声帯が上手に使えるようになると意味のある言葉が話せるようになります。

1語から2語、3語と話せるようになります。

赤ちゃんが初めて話した言葉で多かったのは

「まんま(ご飯)」です。

初めて話す言葉は発音しやすい言葉が多いですよ。

赤ちゃんの頃からたくさん話しかける

Sponsored Link

親が子供にたくさん話しかけると子どもの言語能力が発達します。

赤ちゃんの頃から話しかけることは早すぎません。

たくさんの言葉を話しかけられて育った子は、

コミュニケーション力も高いと言われます。

まとめ

赤ちゃんが喋る時期の平均や前兆についてまとめました。

喋り始めるのが遅い子もいますが、

赤ちゃんとたくさんコミュニケーションをとることで言葉の意味が

だんだんわかってきて自分でも真似をして話そうとします。

喃語から始まりますが、

物を指差して言葉を発するので

ママやパパもそれに答えて物を指差して

「〇〇だね。」

というと赤ちゃんもだんだん話せるようになります。

赤ちゃんにたくさん話しかけてあげましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です